Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MUSIC AIR 4月からの再放送

MUSIC AIRで再放送中のタンゴ番組ですが、まだシリーズとしては数回分残っているのですが、3月いっぱいで再放送が終了となりました。
その代わり同じ時間帯で、しばらく再放送されていなかったソロ・タンゴ・チャンネル制作のフォルクローレ番組「フォルクロリッシモ」(全18回)が第1回から再放送されます。

放送は1回目=金曜日17:00、2回目=火曜日27:00(つまり水曜日の午前4:00)、3回目=水曜日20:00の計3回です。4月2日深夜と3日に第1回が放送されます。

各回の放送内容は以前のこのブログに詳しく書いていますので、検索などしていただければ参照できるかと思います。
スポンサーサイト
【 2013/03/31 (Sun) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 2013年2月再放送分曲目

Music Air で私が監修していた番組の再放送分の今月再放送分の曲目です。

#31 偉大なるバンドネオン奏者たちの系譜 その2
1回目:2月1日(金) 17:00-18:00、2回目:2月5日(火)27:00-28:00(=6日 03:00-4:00)、3回目:2月6日(水) 20:00-21:00

*オスバルド・モンテス<1934>&アニバル・アリアス
1.ロス・マレアドスLos mareados (J.C.Cobian)
2.恋わずらい Mal de amores (P.Laurenz)

*ラウル・ガレーロ<1936>六重奏団
 3.黒い花~ビベロー Flores negras-Bibelot (Francisco De Caro)
<※放送ではまとめて”Bibelot”と表記、前半はガレーロのバンドネオン・ソロです>
 
*オスバルド・ピーロ<1937>五重奏団
 4.踊り子(ダンサリン) Danzarin (J.Plaza)

*ロドルフォ・メデーロス<1940>・トリオ
 5.ちまたのロマンス Romance de barrio (A.Troilo)
6.わが愛のミロンガ Milonga de mis amores (P.Laurenz)
<キンテートでのライヴで、この2曲だけトリオ編成で演奏したもの>

*ネストル・マルコーニ<1942>とオルケスタ・デ・マエストロス
 7.タンゴ・モード Moda tango (Nestor Marconi)

*ワルテル・リオス<1942>五重奏団
 8. アディオス・ノニーノ Adios Nonino (Piazzolla)
<リオスのバンドネオンはピアソラが使っていたものだと言われています。素晴らしいピアノのカデンツァを弾いているのは若き日のニコラス・レデスマ。※レデスマは現在オルケスタを率いて来日ツアー中。

*リサンドロ・アドロベル<1945>五重奏団
 9.わが父へのプレリュード Preludio a mi viejo (L.Adrover)
<前半にたっぷりバンドネオン・ソロが聞けます。曲は「アディオス・ノニーノ」をベースにしているようです。>

*ダニエル・ビネリ<1946>&セサル・アンジェレリ
 10.チキリン・デ・バチン Chiquilin de Bachin (Piazzolla)
<ライヴで赤ちゃんの泣き声まで聞こえますが、ビネリの映像ストックがあまりないのでご了承を。>

*フリオ・パネ<1947>・トリオ
 11.不良仲間(マラ・フンタ) Mala junta (Julio De Caro)
<以前のフリオ・パネ特集では使用しなかったライヴ映像です。>


#32 タンゲリーア「エスキーナ・カルロス・ガルデル タンゴショウ・ハイライト」
1回目:2月8日(金) 17:00-18:00、2回目:2月12日(火)27:00-28:00(=13日 03:00-4:00)、3回目:2月13日(水) 20:00-21:00

現在もブエノスアイレス最高のタンゲリーア(タンゴのライヴハウス)として知られる、エスキーナ・カルロス・ガルデルができた当初に制作したショウの映像です。お客さんを入れずにプロモーション用のような形で作られています。エスキーナ…のショウはその後市販DVDなども複数出ていますが、これはそれ以前、10数年前のもので、演奏を務めているのはエリカ・ディ・サルボとフルビオ・ヒラウドの双頭楽団エル・デスキーテ(この後まもなくメンバーが一部交代してエリカ・ディ・サルボ楽団になります)です。トップ・バンドネオンはアレハンドロ・サラテ。
以前「タンゴ・イン・コンサート」で2回にわたって放送された分のハイライトです。カルロス&アリシアを始め、一流ダンサーのダンスを中心に、カルロス・ガルデルのそっくりさんラファエル・ロハス、ソロ歌手としても一流のパトリシア・ラサラの歌もあります。

1 エル・チョクロ El choclo (A.Villoldo) 演奏
2 黄金の心 Corazon de oro (Francisco Canaro) 全員ダンス
3 わが懐かしのブエノスアイレス Mi Buenos Aires querido (Gardel-Le Pera) ラファエル・ロハス歌
4 古いミロンガ Vieja milonga vieja (Francisco Aranaz) ダンス
5 不良仲間 Mala junta (Julio De Caro) ダンス
6 フェリシア Felicia (Enrique Saborido) ダンス
7 ウノ Uno (Mariano Mores-E.S.Discepolo) パトリシア・ラサラ歌
8 ガジョ・シエゴ Gallo ciego (Agustin Bardi) ダンス
9 ベンタロン(突風)~やつを止めろVentarron (P.Maffia)-Que lo paren (E.Rovira) 全員ダンス
10 輝ける1940年代 Milonguenado en el 40 (A.Pontier) ダンス
11 七月九日 Nueve de julio (J.L.Padula) ダンス
12 ネグラーチャ Negracha (O.Pugliese) ダンス
13 リベルタンゴ Libertango (Piazzolla) ダンス
14 ラ・クンパルシータ La cumparsita (Matos Rodriguez) ダンス
15 アディオス・ノニーノ Adios Nonino (Piazzolla) 演奏
16 ラ・エバシオン(脱出) La evasion (Piazzolla) 全員ダンス

ダンス:カルロスとアリシア、カローラ・オヘーダとエドゥアルド・ビジェーガス、
    カロリーナ・ガルシアとファビアン・ペラルタ、サンドラ・ブーツとガブリエル・オルテガ
    ベロニカ&マルセロ・ベルナルダス


#33 タンゴ最後の巨匠たち~オラシオ・サルガンとマリアーノ・モーレス
1回目:2月15日(金) 17:00-18:00、2回目:2月19日(火)27:00-28:00(=20日 03:00-4:00)、3回目:2月20日(水) 20:00-21:00

今の健在な2人の巨匠の映像です。前半は、現在は引退し、今年95歳になるオラシオ・サルガンは長年の相棒、ウバルド・デ・リオとのデュオによる2002年のフェスティバルでのライヴ。後半は今年93歳のマリアーノ・モーレスのセプテートによる2005年のライヴ。こちらはダンスや歌も登場。(※その後2012年4月にウバルド・デ・リオは亡くなりました

*オラシオ・サルガン=ウバルド・デリオ(2002年1月 スール文化センターでのライヴ)
1.マレーナ Malena (Lucio Demare)
2.マノ・ブラバ Mano brava (Manuel Buzon)
3.エントレリオスの人 El entrerriano (Rosendo Mendizabal)
4.ロカ・デ・アモール Loca de amor (Antonio Podesta)
5.ミロンガよ、おまえは行く Te vas, milonga (Abel Fleury)
6.ラ・クンパルシータ La cumparsita (G.H.Matos Rodriguez)
7.ア・フエゴ・レント A fuego elnto (Horacio Salgan)
8.ラ・クラバーダ La clavada (Ernesto Zambonini)

*マリアーノ・モーレス楽団(2005年 ロサデルのライヴ)
9.タンゴの好きなお嬢さん(タンゲーラ) Tanguera (Mores)
10.ラ・タブラーダ La tablada (Francisco Canaro)
11.ウノ Uno (Mores-Discepolo) 歌:ダニエル・コルテス
12.想い出のワルツ Vals de la evocacion (Mores)
13.パリのカナロ~バンドネオンの嘆き Canaro en Paris-Quejas de bandoneon (Scarpino-Caldarella / Juan De Dios Filiberto)
14. ラ・クンパルシータ La cumparsita (G.H.Matos Rodriguez)
15. 軍靴の響き Taquito militar (Mores)


#34 タンゴ・エレクトロニカ特集~サンテルモ・ラウンジ、タンゲットー、バホフォンド
1回目:2月22日(金) 17:00-18:00、2回目:2月26日(火)27:00-28:00(=27日 03:00-4:00)、3回目:2月27日(水) 20:00-21:00

タンゴと現代のダンスミュージックでエレクトロニカのスタイルを融合した「タンゴ・エレクトロニカ」はすでにかなりの定着を見ており、タンゴ・ダンス・ショウや若者向けのミロンガでかかることも珍しくなくなった。今回はアルゼンチンのタンゴ・エレクトロニカの分野で最も安定した活動をしている人気グループ3組の2005年のライヴを特集。

*サンテルモ・ラウンジ
1.条件なしで Sin condiciones (M.Delgado)
2.ブエノスアイレス午前零時 Buenos Aires hora zero (Piazzolla)
3.グラン・オテル・ビクトリア Gran Hotel Victoria (F.Latasa)

*タンゲットー
4.希望 El deseo (Masri-Velazquez)
5.同じもの以上に Mas de lo mismo
6.繊細な精神 Mente fragil (Masri-Velazquez)

*バホフォンド・タンゴ・クルブ
7.モンセラー地区 Montserrat (Campodonico)
8.脱出 Exodo (Caballero)
9.ファンダンゴ Fandango (Supervielle)
10.その青い空 Ese cielo azul (Supervielle)

Music Airの視聴方法についてはMusic Airホームページをご覧ください。
【 2013/02/01 (Fri) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 2013年1月再放送分曲目

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

少し遅くなりましたが、私が監修していた番組の再放送分の曲目です。

1月11日(金)17:00~、1月14日(月)07:00~、1月15日(火)27:00~(=16日03:00~)、1月16日(水)20:00~
#28「タンゴ・ダンスの精髄~グロリア&エドゥアルド、ガビート、『タンゴ・パッション』他」

*グロリア&エドゥアルド+エルネスト・フランコ楽団
1.フェリシア Felicia (Saborido)
2.ラ・プニャラーダ La punalada (Castellanos)

*ガビート&マリア・ラサオラ+オルケスタ・エル・アランケ 
 3.僕が君のために泣いても君には関係ない Que te importa que te llore(アリエル・アルディト歌)
 4.私の贖罪 Mi redencion (A.Gobbi)

*リサンドロ・アドロベル五重奏団「タンゴ・エモシオン」より
 5.バンドネオンの嘆き Quejas de bandoneon (Filiberto)
 6.リベルタンゴ Libertango (Piazzolla)
 7.パリのカナロ Canaro en Paris (Scarpino-Caldarella)

*セステート・マジョール「タンゴ・パシオン」 パルケ・レサマ・ライヴより
 8.ピアソラ・メドレー Seleccion Piazzolla (Piazzolla) 全員
 9.パジャドーラ Payadora (Plaza) 全員
 10.レクエルド Recuerdo (Pugliese) Graciela Gracia & Osvaldo Siliento

*セステート・マジョール「タンゴ・パシオン」 2003年タンゴ・フェスティバルより
11.ドン・フアン Don Juan (Ponzio) Monica Romero & Omar Ocampo
12. 友に捧ぐ A los amigos (Pontier) Claudia Diaz & Alberto Morra
13. 来るべきもの Lo que vendra (Piazzolla) 全員


1月18日(金)17:00~、1月21日(月)07:00~、1月22日(火)27:00~(=16日03:00~)、1月23日(水)20:00~
#29「ルイス・カルデイ・メモリアル1998」
1.ムニェーカ・ブラバ Muneca brava
2.最後の伊達男 EL ultimo guapo
3.ベンタロン(突風) Ventarron
4.いつの夜にか Sera una noche
5.パリにつながれて Anclao en Paris
6.空のひとかけら Pedacito de cielo
7.最後の盃 La ultima copa
8.残酷な手 Mano cruel
9.場末の小窓 Ventanita de arrabal
10.二人は見知らぬように Como dos extranos
11.マレーナ~明日は船出~不在の恋人~ぼろ部屋に帰って~カルナバル
  Malena-Manana zarpa un barco-La novia ausente-De vuelta al bulin-Carnaval
12.ロス・コソス・デ・アル・ラオ Los cosos de al lao


1月25日(金)17:00~、1月28日(月)07:00~、1月29日(火)27:00~(=16日03:00~)、1月30日(水)20:00~
#30「偉大なるバンドネオン奏者たちの系譜 その1」

*キンテート・フランシスコ・カナロ(バンドネオン:フェデリコ・スコルティカティ)<1912-1998>
1.ガウチョの嘆き Sentimiento gaucho
2.シャンパン・タンゴ champagne Tango

*ペドロ・チェメス・グループ、ゲスト:マルコス・マドリガル(バンドネオン)<1916-2010>
 3.両親の家La casita de mis viejos
 4.エル・オンセ El once

*イスマエル・スピタルニク<1919-1999>とビエン・ミロンガ七重奏団
 5.メランコリックなバンドネオン Bandoneon melancolico
 6.レスポンソ Responso
 7.想い出(レクエルド) Recuerdo

*パスクアル・マモーネ<1921-2012>のトリオ(ピアノはニコラス・レデスマ)
8.淡き光に A media luz
9.ラ・クンパルシータ La cumparsita

*レオポルド・フェデリコ<1927-  >のオルケスタ
10.フリオ・アウマーダの肖像 El retrato de Julio Ahumada
11.最後の酔い La ultima curda (歌:カルロス・ガリ)

*フリアン・プラサ<1928-2003>のオルケスタ
  (メンバーにビクトル・ラバジェン<1935-  >参加)
12.パジャドーラ(吟遊詩人) Payadora

*セステート・マジョール(バンドネオン:ホセ・リベルテーラ<1933-2004>&ルイス・スタソ<1930- >)
  ゲスト:オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ
13.アストル・ピアソラ・メドレーSeleccion de Astor Piazzolla

Music Airの視聴方法についてはMusic Airホームページをご覧ください。

ミュージック・エアのホームページ
【 2013/01/10 (Thu) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 12月再放送分曲目

ミュージック・エアのタンゴ番組12月の再放送のご案内です。
12月第1週はすでにお伝えしている11月最終週の再再放送です。7日以降についてご案内します。

#23「タンゴ黄金時代のスタイルをたどって~オルケスタ・ティピカによる名曲集」
放送日程:12月7日(金)17:00~/10日(月)07:00~/11日(火)27:00~(=12日03:00~)/12日(水)20:00~
 タンゴ黄金の40年代に活躍した楽団のスタイルを今に伝える3楽団が登場します。オルケスタ・ティピカ・サン・スーシはミゲル・カロー~オスマル・マデルナ のスタイル、ヘンテ・デ・タンゴはディサルリ・スタイル、ロス・レジェス・デル・タンゴ(タンゴの王様たち)はダリエンソ・スタイルです。

*オルケスタ・ティピカ・サンスーシ
1.ラ・マレーバ La maleva (Antonio Brignone)
2.エル・ピジェーテ El pillete (Graciano De Leone) ダンス付
3.風はささやく Gime el viento (Atilio Bruni-Oscar Rubens)(ウーゴ・シルバ歌)
4.サン・スーシ Sans Souci (Enrique Delfino)

*オルケスタ・ヘンテ・デ・タンゴ
5.お上品に Comme il faut (Eduardo Arolas)
6.たそがれのオルガニート Organito de la tarde (Catulo Castillo)
7.踊りましょう Bailemos (Pascual Mamone-Reynaldo Yiso)(エクトル・モラーノ歌)
8.ガウチョの愛の巣 Nido gaucho (Carlos Di Sarli-Hector Marco)(エクトル・モラーノ歌)
9.ビビアーニ Viviana (Roberto Firpo)
10.放っておいて Dejame (F.Canaro-M.Mors-I.Pelay)(エクトル・モラーノ歌)
11.シャンパン・タンゴ Champagne tango (Manuel Arostegui)

*ロス・レジェス・デル・タンゴ
12. ロカ Loca (Manuel Joves)
13. 台風 El huracan (Edgardo Donato)
14. リズムの王様 El rey del compas (Principe Cubano)
15. ビエン・ポルテーニョ Bien porteno (Enrique Alessio)
16. デレーチョ・ビエホ Derecho viejo (Eduardo Arolas)
17. パリのカナロ Canaro en Paris (A.Scarpino-J.Caldarella)
18. ラ・クンパルシータ La cumparsita (G.H.Matos Rodirguez)


#24「タンゴ・ギター・アンサンブル競演」
放送日程:12月14日(金)17:00~/17日(月)07:00~/18日(火)27:00~(=19日3:00~)/19日(水)20:00~
 今回はデュオから五重奏までギターを中心としたアンサンブルによるタンゴ演奏を特集してお送りします。

*ロス・レジェス・デ・ラ・ギターラ
  フォルクローレ畑でも活躍してきた、1975年コルドバ出身のダニエル・アダロと、同じくコルドバ出身のルベン・レイナが2000年に結成したギター・ デュオで、ロサリオを中心に活躍。その後ブラジル公演を経て、ホルヘ・ドラゴーネの手引きでブエノスアイレスに進出。この映像はその頃(2001年頃)の ものと思われます。
1. アルグエジョへの旅 Viaje a Arguello (Ciriaco Ortiz) –vals-
2. ラ・ギタリータ La guitarrita (Eduardo Arolas)
3. ノクトゥルナ Nocturna (Julian Plaza) –milonga-

*エル・エントレベロ
  以前エドムンド・リベーロの息子「ムニ」・リベーロとの共演が放送されたグループ。今回調べて気がついたが、現在日本で活動しているレオナルド・ブラボ と、マルセロ・コロネルのデュオが全く同名ですが、関係はないようです。こちらは四重奏です。
4.ガジョ・シエゴ Gallo ciego (Agustin Bardi)
5. ブエノスアイレスの夏 Verano porteno (A.Piazzolla)
6. マイポ Maipo (Eduardo Arolas)
7.メロディア・ラルガ Melodia larga (Alfredo Zitarrosa)
8. エン・エル・ペスカンテ En el pescante (Rodriguez-Bahr)
9. 君の診断 Tu diagnostico (Jose Beinoti) –vals-

*キンテート・ベンタロン
  すでに数々のアルバムでもおなじみのギター4人+コントラバスのキンテートです。名手セサル・アンジェレリを中心に、ネストル・バスルト、ロベルト・カル ボ、グスタボ・マルグリエス、マルコス・ルッフォという面々。2曲にバスルトの歌が入ります。アンサンブルの厚みとハーモニーの現代性が他のグループより 際立っています。
10.昔のふたり(フイモス)Fuimos (Jose Dames)
11.エル・チョクロ El choclo (Angel Villoldo)
12.ベンタロン(突風)Ventarron (Pedro Maffia-Stafforani)
13.踊り子(ダンサリン)Danzarin (Julian Plaza)
14.ラ・トランペーラ(わな)La trampera (Anibal Troilo)
15.星空の下で Bajo un cielo de estrellas (Francini-Stamponi-Contursi)
16.悲しいミロンガ Milonga triste (Sebastian Piana-Homero Manzi)


#25「パブロ・シーグレル&ヘラルド・ガンディーニ~ピアソラのピアニストたち」
放送日程:12月21日(金)17:00~/24日(月)07:00~/25日(火)27:00~(=26日03:00~)/26日(水)20:00~
1980~90 年代にピアソラ・グループのピアニストをつとめた2人の演奏を特集。シーグレルはここ2年続けて来日、名古屋、東京などでコンサートを行いました。本放送の映像は10年 ほど前のもの。ギターには才人キケ・シネシ、バンドネオンはエクトル・デル・クルトが弾いています。ガンディー二は本国では現代音楽の作曲家として一級の 存在で、ここではピアソラの曲や古典タンゴをこれ以上ないというほど個性的な解釈で弾いています。

*パブロ・シーグレル・キンテート
1.ミケランジェロ70 Michelangelo 70
2.アスファルト Asfalto
3.天使の死 La muerte del angel
4.ラディオタンゴ Radiotango 
5.エル・エンペドラド El empedrado

*ヘラルド・ガンディーニ(ソロ)
6.ロス・マレアドス Los mareados
7.恋人なんかいなかった Nunca tuvo novio
8.口笛を吹きながら Silbando
9.天使のミロンガ Milonga del angel


#26「タンゴの神様、カルロス・ガルデルの命日に寄せて~ガルデル名曲集」
放送日程:12月28日(金)17:00~/31日(月)07:00~ (この後の再放送はまだ未発表)
 「タンゴの神様」と呼ばれた歌手ガルデルは1935年に不慮の事故で世を去りましたが、その功績は不滅です。ここではガルデルの作品を集めてみました。スタジオもライヴもいろいろですが、フリア・センコがフアンホ・ドミンゲスをバックに歌う⑦、ウルグアイのムルガ(カーニバル音楽)のチームによる⑬、最後の⑭はマリアーノ・モーレスがコンサートで大画面に映るガルデルの映像と共演した珍しいシーンです。

1. カルロス・ガルデル・メドレー Seleccion de Carlos Gardel/El Arranque
2. ポル・ウナ・カベサ(首の差で)Por una cabeza/Juan Darthes con Walter Rios Sexteto
3. 苦い場末 Arrabal amargo/Ismael Spitalnik y su Septeto Bien Milonga
4. 下り坂 Cuesta abajo/Orq.Tip.Fernandez Fierro con Walter Chino Laborde
5. 私のギター Guitarra mia/Juanjo Dominguez (solo)
6. つばめたち Golondrinas/Juanjo Dominguez (solo)
7. 君がいない時 Cuando tu no estas/Julia Zenko con Juanjo Dominguez
8. 孤独 Soledad/Viviana Vigil con Juanjo Dominguez
9.場末のメロディ Melodia de arrabal/Orq.Gigi De Angelis con Eduardo Fratta
10.五分と五分 Mano a mano/Las Bordonas con Cardenal Dominguez
11.25日の太陽 El sol del 25/Las Muñecas
12.想いのとどく日 El dia que me quieras/Atilio Stampone y su quinteto
13.わが懐かしのブエノスアイレス Mi Buenos Aires querido/Los Mareados
14.帰郷(ボルベール)Volver/Carlos Gardel-Mariano Mores
【 2012/12/02 (Sun) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 11月再放送分曲目

昨日から始まっていますが、「タンゴ・アワー」今月の再放送分の曲目を以前のブログからまとめておきます。
参考になさってください。
Music Airの視聴方法についてはMusic Airホームページをご覧ください。

2012年11月2日(金)17:00/11月5日(月)07:00/11月6日(火)27:00(=7日03:00)/11月7日(水)20:00
#18「タンゴとジャズの出会い~ネストル・アスタリータ&アドリアン・イアイエス」

 近年、ジャズのアーティストによるタンゴ曲へのアプローチが目立ちます。今回はそうした動きを示す映像を集めてみました。ネストル・アスタリータはアルゼンチン・ジャズ界ではベテランのドラマー。今回の映像はマイルス・デイビスとアストル・ピアソラへのトリビュートとして行われたコンサートからの抜粋で、アスタリータのクアルテートに、ジャンルを超えた活動も多いバンドネオン奏者ダニエル・ビネリと、当時ビネリとデュオを組んでいたギター奏者セサル・アンジェレリがゲスト参加。アスタリータがピアソラに捧げて作った作品とピアソラの名曲「リベルタンゴ」をアドリブも交えつつ演奏。トランペットは若手の優秀なジャズメン、フアン・クルス・デ・ウルキーサ。

*ネストル・アスタリータ・カルテット&ダニエル・ビネリ=セサル・アンジェレリ
1.アストルよ、永遠に Hasta siempre Astor (Alfredo Lemus)
2.リベルタンゴ Libertango (A.Piazzolla)

後半はすべてアドリアン・イアイエスのセッション。イアイエスは1960年生まれのピアニストで、1990年代半ばからジャズクラブを中心に活躍、スペインなど海外でも長く活動し、ソロ、ピアノ・トリオ、バンドネオンを加えたトリオやクアルテートなど多彩な活動を行い、アルバムを制作してきた。タンゴ名曲の大胆なジャズ・アレンジでも知られる。今回は10年ほど前のものと思われるスタジオ収録の映像で、バンドネオンはパブロ・マイネッティ、コントラバスはオラシオ・フメーロ。最後の1曲のみリトラル音楽の巨人、ラウル・バルボーサと2006年のライヴでセッションしている映像を入れました。

*アドリアン・イアイエス
3.エル・マルネ El marne (Eduardo Arolas)(ピアノ、バンドネオン、コントラバス)
4.チキリン・デ・バチン Chiquilin de Bachin (A.Piazzolla)(ピアノ、コントラバス、ドラム)
5.靴音高く(タコネアンド)Taconeando (Pedro Maffia)(ピアノ、バンドネオン、コントラバス、ドラム)
6.口笛を吹きながら Silbando (Sebastian Piana)(ピアノ、コントラバス)

*アドリアン・イアイエス=ラウル・バルボーサ
7.ロス・マレアドス Los mareados (Juan Carlos Cobian)

******************

2012年11月9日(金)17:00/11月12日(月)07:00/11月13日(火)27:00(=14日03:00)/11月14日(水)20:00
#19「アストル・ピアソラ生誕90周年記念その1~ピアソラ財団五重奏団スタジオ・ライヴ」

2011年3月11日に生誕90周年を迎えるアストル・ピアソラの音楽を2回にわたってお送りする。
1回目はピアソラの死後、ラウラ夫人によって設立されたアストル・ピアソラ財団によるキンテートの演奏で、アストル・ピアソラ・キンテートのアレンジを忠実に演奏している。メンバーはバンドネオンがオラシオ・ロモ(1,2,3,7,8,9)もしくはパブロ・マイネッティ(4,5,6)、ピアノはニコラス・ゲルシュベルグ、ギターはヘルマン・マルティネス、コントラバスがマリサ・ウルタード、バイオリンはセバスティアン・プルサク。
なお、この放送は2004年に放送された「タンゴ・イン・コンサート#55」と同内容です。

1.ブエノスアイレスの夏 Verano porteno
2.天使の死 La muerte del angel
3.悪魔のロマンス Romance del diablo
4.ブエノスアイレスの冬 Invierno porteno
5.天使のミロンガ Milonga del angel
6.アディオス・ノニーノ Adios Nonino
7.ミケランジェロ70 Michelangelo 70
8.孤独 Soledad
9.カランブレ(こむらがえり)Calambre

******************

2012年11月16日(金)17:00/11月19日(月)07:00/11月20日(火)27:00(=21日03:00)/11月21日(水)20:00
#20「アストル・ピアソラ生誕90周年記念その2~現代のマエストロたちによるピアソラ作品集」

ピアソラ生誕90周年記念特集の第2弾は、これまで放送された映像の中からピアソラ作品の名演をよりすぐった特別編集編です。

1.用意はいいか(プレパレンセ)Preparense /パブロ・アグリ・トリオ
2.コントラバヘアンド Contrabajeando/パブロ・アグリ・トリオ(コントラバス:ダニエル・ファラスカ)
3.デカリッシモ Decarisimo/パブロ・シーグレル・キンテート(バンドネオン:エクトル・デル・クルト)
4.レビラード Revirado/パブロ・シーグレル・キンテート
5.ブエノスアイレスの秋 Otono porteno/シグロ・トレインタ
6.フーガと神秘 Fuga y misterio/シグロ・トレインタ
7.アディオス・ノニーノ Adios Nonino/ラウル・ラビエ(歌)、クリスティアン・サラテ(ピアノ伴奏)
8.ロコへのバラード Balada para un loco/アメリータ・バルタール(歌)
9.チキリン・デ・バチン Chiquilin de Bachin/アメリータ・バルタール(歌)
10.迷った小鳥たち Los pajaros perdidos/アルベルト・ビアンコ(歌)、オスバルド・ピーロ五重奏団
11.ビオレンタンゴ Violentango/オスバルド・ピーロ五重奏団
12.ブエノスアイレスの夏 Verano porteno/ブエノスアイレス市立タンゴ・オーケストラ、(指揮)ラウル・ガレーロ
13.リベルタンゴ Libertango/ブエノスアイレス市立タンゴ・オーケストラ、(指揮)ラウル・ガレーロ

******************

2012年11月23日(金)17:00/11月26日(月)07:00/11月27日(火)27:00(=28日03:00)/11月28日(水)20:00
#21「エミリオ・バルカルセ追悼~オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ」

2011年1月19日に惜しくも世を去ったバイオリン&バンドネオン奏者・作編曲家エミリオ・バルカルセを偲んで、彼が晩年心血を注いだタンゴ学校オーケストラの演奏を特集。この楽団は若手ミュージシャンが黄金時代のオルケスタ・ティピカのスタイルを学ぶために設立、指導者として多くの楽団のスタイルを知るバルカルセが選ばれたのだった。1~5は最初期のスタジオでの演奏、6~10も同じ初期のメンバーによるクルブ・ウラカンでのライヴ演奏、11~14は2002年のタンゴ・フェスティバルでのライヴ(第1期と2期メンバーの混合)。今年12年目を迎えるタンゴ学校オーケストラは、今もバルカルセの名を冠している。曲目の重複はスタジオとライヴの両方を収録したためです。

1. 恋わずらい Mal de amores (Laurenz)
2. シ・ソス・ブルーホ Si sos brujo (Balcarce)
3. 感傷と情熱 Sentimental y canyengue (Federico)
4. 冥福の祈り Responso (Anibal Troilo)
5. ラ・ボルドーナ La bordona (Balcarce)
6. ミロンゲーロ・ビエホ Milonguero viejo (Di Sarli)
7. ラ・クンパルシータ La cumparsita (Matos Rodriguez)
 8. 胡椒 Pimienta (Fresedo)
9. ラ・ジュンバ La yumba (Pugliese)
10. 踊り子 Danzarin (Plaza)
11. 感傷と情熱 Sentimental y canyengue (Federico)
12. シ・ソス・ブルーホ  Si sos brujo (Balcarce)
13. 恋わずらい Mal de amores (Laurenz)
14. ラ・ボルドーナ La bordona (Balcarce)

******************

2012年11月30日(金)17:00(この後12月も3回再放送予定)
#22「バンドネオンの伝統と現代~ロドルフォ・メデーロス・デュオ&キンテート」

ピアソラの後を追う世代として「タンゴゼロ世代」と言われ、ロックに接近した独自の音楽で1970年代後半に注目を浴びたバンドネオン奏者ロドルフォ・メデーロスの近年の演奏を特集。近年は伝統的なスタイルに回帰し、大編成で後進の指導にもあたっているメデーロスだが、ここではニコラス・コラーチョ・ブリスエラとの二重奏によるスタジオ・ライヴ(1~3)とキンテートによるライヴ(4~11)で登場。

1. 突風 Ventarron (Pedro Maffia)
2. たそがれのオルガニート Organito de la tarde (Catulo Castillo)
3. ドン・アグスティン・バルディ Don Agustin Bardi (Horacio Salgan)
4. 私のもうひとつの場所で En otro lugar de mi (Mederos)
5. 逆光線 Contraluz (Mederos)
6. 楽しく Alegremente (Mederos)
7. 夜明け El amanecer (Firpo)
8. キチョ Kicho (Piazzolla)
9. われわれの息子たち Nuestros hijos (Mederos)
10. オラシオ・サルガンに捧ぐ A Don Horacio Salgan (Mederos)
11. 夢見る男(チェ・ゲバラに捧ぐ) El hombre que suena (Mederos)
【 2012/11/03 (Sat) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。