FC2ブログ

Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルゼンチン・タンゴとハーモニカのこと(2) ウーゴ・ディアスの後継者たち

ウーゴ・ディアスが作り上げた個性的なハーモニカによるフォルクローレ&タンゴ演奏のスタイルはその後のハーモニカ奏者の手本となった。
 世代的に一番年上はルイス・サルトス Luis Saltosだろう。1963年からヒット作「ミスター・トロンボーン」のレコーディングに参加(トロンボーンとハーモニカを中心としたイージーリスニング)、その後ソロ奏者として多くのレコードを制作してきた。ウーゴ・ディアス同様フォルクローレとタンゴのレパ―トリーが半々ぐらいで、(アルゼンチンのミュージシャンには時々あるパターンなのだが)副業として床屋も営んでいた。ここ10年ほどはあまり活躍の話を聞かなくなったが...
https://www.youtube.com/watch?v=UjrRE3ENUOo
(ウーゴの娘で歌手のマビ・ディアス、ドミンゴ・クーラ、モノ・ぺレイラという豪華メンバーとの共演)
https://www.youtube.com/watch?v=d1uPaAyW-Y0
(1998年コスキン祭での「ウーゴ・ディアスへのトリビュート」、タンゴを演奏している)

その次に来るのがパコ・ガリード Paco Garridoだろう。彼は現在も活躍を続けており、ルイス・サルトスに比べるとタンゴよりフォルクローレに傾倒しており、演奏スタイルもよりウーゴ・ディアスに近い。
https://www.youtube.com/watch?v=NEcOveG7ZRk
https://www.youtube.com/watch?v=L2VrUEeLk2I
(いずれも2015年のニューアルバムのプロモーションビデオ)

現在最も幅広く活躍している若手がフランコ・ルシアーニ Franco Luciani。1981年ロサリオ生まれの36歳で、2002年に参加したコスキン祭で器楽演奏家の新人賞を受賞、海外公演も多数行っている。現在までデュオからクアルテートまで様々な自己のグループで、タンゴ、フォルクローレ、ジャズと幅広く10枚近いアルバムを制作しており、歌手や演奏家のアルバムへのゲスト参加も数多い。
https://www.youtube.com/watch?v=Y9oQavA6ayE
(2008年のコスキン祭でマビ・ディアスとの共演、曲はウーゴ・ディアスの代表作「天使のサンバ」)
https://www.youtube.com/watch?v=MQsi-dVAISU
(近年のプロモ映像)

そして今回5月に東海地区で公演を行うジョー・パワーズ Joe Powers。2005年にドイツで行われた世界チャンピオンシップで優勝、その年に「ワールド・オブ・ソングス」という世界の名曲集のアルバムをルイス・チャイルズとの共同名義で発売。ソロとしては2007年にブエノスアイレスで録音した「アモール・デ・タンゴ」が最初のアルバムとなる。これはニコラス・レデスマ(ピアノ)、ラウル・ルッツイ(ギター)、オラシオ・カバルコス(コントラバス)というすごいメンバーをしたがえたアルバムだ。その後鈴木ハーモニカを愛用していることもあり、たびたび来日するようになり、ニコラス・レデスマの高弟でもある青木菜穂子(ピアノ)との共演も2008年から始まり、2015年にはデュオのアルバム「Jacaranda en flor」を発表している。アメリカ人でありながらアルゼンチン・タンゴをこよなく愛しているハーモニカ奏者だ。
https://www.youtube.com/watch?v=pzUm5JgNlvk
(日本で谷口楽器によった際に「ロス・マレアドス」をソロで演奏している映像)
https://www.youtube.com/watch?v=3D_wAoEu8ZM
(青木菜穂子とのデュオによるタンゴ「ミ・ドロール」)

この他にもカタラ=ネグリ=ウルバーノ・トリオ(ハーモニカはハビエル・カタラ、彼はフルート奏者でもある)、タニーノ・ドゥオ&トリオ(ハーモニカはサンティアゴ・アルバレス)などのグループも活躍している。
https://www.youtube.com/watch?v=3ylQOCTZTCU
(タニーノ・ドゥオのタンゴ「最後の酔い」)
スポンサーサイト
【 2018/04/17 (Tue) 】 雑記 | TB(-) | CM(-)

アルゼンチン・タンゴとハーモニカのこと(1) 巨匠ウーゴ・ディアス

 ここしばらくよく日本を訪れているクロマチック・ハーモニカ奏者にジョー・パワーズ Joe Powersがいる。彼はアメリカ人で、もちろんジャズやブルース、クラシックなどの演奏にもその手腕を発揮するが、何よりアルゼンチン・タンゴやフォルクローレに特別な愛情を持って演奏している。今回4月末~5月初頭に来日し、ピアノの青木菜穂子とのツアーがあるようなので、あらためてタンゴとハーモニカのことをまとめておこう。

 ジョーがタンゴの演奏に特別力を入れ、足しげくアルゼンチンを訪れているのは、アルゼンチンのハーモニカの巨人、ウーゴ・ディアスの存在が少なからず影響しているのだと思う。

 ウーゴ・ディアス Victor Hugo Diazは、1927年、アルゼンチンのフォルクローレの郷、サンティアゴ・デル・エステーロ州に生まれた。5歳の時、サッカーボールが目を直撃したことで視力を失ってしまうが、その入院中手にしたハーモニカを巧みに演奏するようになる。その頃のアルゼンチンではハーモニカはまだ一般的な楽器として認められていなかったが、ウーゴが入院した当時シャルルCharlesというフランス風の名前の演奏家が率いるハーモニカ合奏団がアルゼンチンのラジオやレコードで活躍しており、少年ウーゴはその演奏にあこがれ、父に楽器を買ってくれるようにねだったのだという。
 その後、少し視力を回復したウーゴはすぐにプロとして演奏を始める。折しも地方ラジオ局が出来始めた頃で、ハーモニカの天才少年の演奏は初期のラジオ番組にはうってつけの話題だった。のちに義理の兄弟になる同郷のパーカッション奏者ドミンゴ・クーラと出会ったのもその頃だ(ドミンゴ・クーラはウーゴ・ディアスの妹で歌手のビクトリアと結婚した)。
 1944年、17歳の時に初めてブエノスアイレスで公演、2年後には本格的にブエノスアイレスに拠点を移し、1949年から自己のグループ「ウーゴ・ディアスとそのチャンゴス(悪ガキたち)」というグループを盟友ドミンゴ・クーラ、妹ビクトリア・ディアスらと結成、ラジオに出演し始める。ウーゴの驚異的なテクニックと、野性味あふれる独特の音色は大きな反響を呼び、1950年、最初のレコードをTKレーベルに録音、曲目はアルパの独奏曲として知られる「鐘つき鳥」(Pajaro campana)をハーモニカで見事に演奏してみせたものだった。
 1953年には欧州公演にも出かけ、ベルギーでハーモニカの伝説的名手ラリー・アドラー、ジャズハーモニカの先駆者トゥーツ・シールマンスと出会い、その演奏を称えられたという。ハーモニカという楽器の特異さが功を奏したこともあるが、ウーゴ・ディアスはフォルクローレの演奏家の中で、ヨーロッパで公演を行った先駆的存在となった。
ウーゴ・ディアスのレコードはTK(1950年代)、PAMPA(1953年頃)、Disc Jockey(1960年頃)、RCA(1960年代~1971年)、Tonodisc(1972~1975年)に残されている。一部をのぞきこの時期の録音は長らくSP/LPで発売されたまま、復刻されることもなかったが、2001年からアルゼンチンのAcqua Recordsで1971年までの全録音を2枚組×全5巻で復刻するシリーズがスタート、日本でも私が日本語解説を書いて日本盤として配給された(全5巻のうち、結局第3巻は本国でも発売されずに終わってしまい、日本では第4巻と第5巻のみまだ在庫があるようだ。)
http://www.ahora-tyo.com/artist/artist.php?anm=HUGO+DIAZ

 1960年代に入るとテレビ番組にもよく出演し、この点でも先駆者であったという。
 1972年、トノディスクというレーベルに録音を開始する。ここまで録音してきたのはほとんどがフォルクローレだったが、トノディスクの第1弾のアルバムは初めてのタンゴ集だった。それまでもステージではタンゴを演奏してきたようだが、録音はこの1972年のアルバム「ブエノスアイレスのウーゴ・ディアス」が初めてだったのである。名手ホセ・コランジェロをバックにしたがえ、唯一無二の個性的なスタイルで演奏されたタンゴ集は、ほどなく日本でも発売され、好評を得て、都合3枚制作のタンゴ集がされた。この時の3枚の録音はアルゼンチンではあまり復刻されていないが、日本では2枚組CDとして斎藤充正氏の監修でビクターからまとめて発売されたことがある。
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A006515/VICP-60902.html
それと並行して同レーベルでフォルクローレのアルバムも3枚制作され、そちらは2003年に私・西村の企画・監修・解説によりビクターから2枚組CDにまとめて発売された。
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A006515/VICP-62181.html

そして1975年、カルロス・ガルデル没後40周年を記念したガルデル名曲集を録音(この1枚だけはアルゼンチンでたびたびCD化されている)、その後ジャズ・スタンダード集を録音(アルゼンチンで一度だけCD化されたが、日本にはほとんど輸入されなかった)、それが最後のアルバムとなってしまった。
享年50歳。ウーゴ・ディアスはフォルクローレ界でも有数の酒飲みで、1970年代のアルバムの録音時にしらふだったことはほとんどなかったらしい。晩年のレコーディングに荒い息遣いが入っているのはそのせいである。

ウーゴ・ディアスのスタイルは一世一代の個性的なものだったが、その素晴らしさ故多くの追随者を生んだ。
【 2018/04/17 (Tue) 】 雑記 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。