Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 10月再放送分曲目

Music Airのタンゴ番組「西村秀人監修 タンゴ・アワー」再放送内容のお知らせです。
9月分は忙しくてUP出来ないまま過ぎてしまいました、すみません(本放送時の書き込みを探していただければ曲目等ご覧いただけま)。本日9月28日から#13以降の再放送が始まりましたので、以下に10月分を再録しておきます。ご参考にしていただければと思います。10月は5回分あります。

10月1日(月)07:30~/2日(火)27:00(=3日 04:00)~/3日(水)20:00~
#13「タンゴ・シンフォニコ~国立フアン・デ・ディオス・フィリベルト楽団」

「カミニート」「バンドネオンの嘆き」などの作曲者としても知られるフアン・デ・ディオス・フィリベルトの名を冠した国立の記念オーケストラによる近年のライヴ映像を特集。同楽団はこれまでオスバルド・レケーナ、オスバルド・ピーロを指揮者として迎えてきたが、現在はアティリオ・スタンポーネ(ピアノ)とネストル・マルコーニ(バンドネオン)が指揮にあたっている。今回の映像は2002年(1~5)、2005年(6,7)、2006年(8~10)の映像からダイナミックでシンフォニックな独自の世界をどうぞ。+印がアティリオ・スタンポーネ指揮、※印がネストル・マルコーニ指揮。

1. 不良仲間 Mala junta (Julio De Caro-Pedro Laurenz) +
2. わが友チョロ Mi amigo Cholo (A.Stampone) +
3. フィリベルタンゴ Filibertango (Nestor Marconi) ※
4. コラレーラ Corralera (Anselmo Aieta) ※
5. アストル・ピアソラ作品メドレー Selección Piazzolla ※
6. パリのカナロ Canaro en París (A.Scarpino-J.Caldarella) ※
7. フリアン・プラサ作品メドレー Selección de temas de J.Plaza ※
8. ラ・クンパルシータ La cumparsita (Matos Rodríguez) ※
9. ラ・タブラーダ La tablada (Francisco Canaro) +
10. ミロンガ・メドレー Selección de milongas +


10月5日(金)17:00~/8日(月)07:30~/9日(火)27:00(=10日 04:00)~/10日(水)20:00~
#14「ベテラン女性歌手共演~アメリータ・バルタール、スサーナ・リナルディ、マリア・グラーニャ」

「タンゴ・イン・コンサート」として5年ほど前に放送されていた、今も現役を続けるベテラン女性歌手のステージより、得意曲を中心にセレクト。

*アメリータ・バルタール
1940年生まれ、フォルクローレ歌手としてスタートしたが、1968年アストル・ピアソラと出会い、オラシオ・フェレールとの共作によるタンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」に抜擢、1969年アストル・ピアソラとオラシオ・フェレール作の「ロコへのバラード」をコンクールで歌い入賞、ピアソラとも結婚した。その後ピアソラとは離婚するが、ソロ歌手として活動を続けている。この映像は7,8年ほど前のライヴ映像で、バックにはバイオリンのエリカ・ディ・サルボもいる。

1. やくざ仲間 Malevaje (Juan De Dios Filiberto-E.S.Discepolo)
2. わが死へのバラード Balada para mi muerte (Piazzolla-Ferrer)
3. 秘密 Secreto (E.S.Discepolo)
4. ロコへのバラード Balada para un loco (Piazzolla-Ferrer)

*スサーナ・リナルディ
 1935年生まれ、1957年にデビュー、しかしその後は女優として活躍し、1969年テレビのタンゴ番組に出演し、大きな人気を獲得、いわゆるタンゴファン層と異なる聴衆を獲得した。以後独自のショウ・スタイルで活躍し続け、パリでも成功、日本にも1998年に来日している。この映像はやはり7,8年前のライヴで、伴奏はフアン・エステバン・クアッチのトリオ。
ジャズ歌手のリヒア・ピーロ、タンゴ歌手のアルフレド・ピーロは彼女の子供である。
 
5. 場末のメロディ Melodia de arrabal (Carlos Gardel-A.Le Pera)
6. 私の街では De mi barrio (Roberto Goyeneche)
7. ケ・バチャチェ Que vachache (Enrique S.Discepolo)
8. チキリン・デ・バチン Chiquilin de Bachin (Piazzolla-Ferrer)
9. 赤インキ Tinta roja (Sebastian Piana-Catulo Castillo)

*マリア・グラーニャ
 1953年生まれ、1970年にテレビのコンクールで入賞、以後実力派として数多くのアルバムを制作、海外公演も多数。近年のアルバムも高い評価を受けている。この映像も7,8年前のもので、十八番を中心に余裕たっぷりの歌いっぷり。

10. マレーナ Malena (Lucio Demare-Homero Manzi)
11. 今夜は私を待たないで No me esperes esta noche (Tito Depergola-Sara Rainer)
13. ウノ Uno (Mariano Mores-E.S.Discepolo)
14. 瓦屋根の家 Caseron de tejas (Sebastian Piana-Catulo Castillo)
15. クリスタル Cristal (Mariano Mores-Jose Maria Contursi)
16. 絶望の歌 Cancion desesperada (E.S.Discepolo)



10月12日(金)17:00~/13日(月)07:30~/14日(火)27:00(=15日 04:00)~/15日(水)20:00~
#15「小編成楽団による古典タンゴの精髄~ビエホ・ブエノスアイレス四重奏団&キンテート・F.カナロ」

15年ほど前のスタジオ収録によるアーカイヴ映像から、古典タンゴの正統派スタイルを2つお届け。

*ビエホ・ブエノスアイレス四重奏団
フルート、バンドネオン、バイオリン、ギターという1910年当時のオルケスタ・ティピカのスタイルを再現したクアルテートの演奏。フランチーニ=ポンティエル楽団での活躍などでおなじみのバンドネオンの名手ニコラス・パラシーノを中心に、ベテラン・バイオリン奏者マウリシオ・スビドフスキーも加え、古典タンゴの名曲や隠れた傑作のオンパレード。この四重奏団はクアルテート・デル・センテナリオのスタイルを継承したグループで、この映像が収録された頃と思われる1999年にアルバムを発表している。

1 アルゼンチンのアパッシュ El apache argentino (Manuel Aroztegui)
2 月の顔 La cara de la luna (Manuel O.Campoamor)
3 エル・チョクロ El choclo (Angel G.Villoldo)
4 エル・トリジャドール El trillador (Alejandro Rolla)
5 やぶ医者(マタサーノ)Matasano (Francisco Canaro)
6 駿馬(エル・フレテ)El flete (Vicente Greco)
7 カナロ Canaro (Jose Martinez)
8 オテル・ビクトリア Hotel Victoria (Feliciano Latasa)

*キンテート・フランシスコ・カナロ
フランシスコ・カナロ楽団のメンバーだったアントニオ・ダレッサンドロ(バイオリン)とフェデリコ・スコルティカティ(バンドネオン)を中心として、1995年頃から活動を開始した。当時ダレッサンドロは80歳、スコルティカティは83歳であり、ピアノはアルマンド・ポンティエル楽団でも活躍した名手ノルマンド・ラサラが担当している。カナロの小編成楽団であったピリンチョ五重奏団のスタイルを中心に、決して他のメンバーでは出せないカナロ・トーンを見事に再現している。スコルティカティは1998年、ダレッサンドロは2000年に没した。1961年に行われた伝説のフランシスコ・カナロ楽団日本公演に歌手として参加したイサベル・デ・グラーナが2曲を歌う(デ・グラーナもこの後ほどなく亡くなっている)。

9 レリキアス・ポルテーニャス(タンゴ名曲メドレー) Reliquias porteñas (varios autores)
10 シャンパン・タンゴ Champagne tango (Manuel Aroztegui)
11 私の噂 Se dice de mi –milonga (Francisco Canaro-Ivo Pelay)
12 エル・インテルナード(インターン生) El internado (Francisco Canaro)
13 恋の炎 Destellos (イサベル・デ・グラーナ歌)(Francisco Canaro-Juan A.Caruso)
14 栄光(グローリア)Gloria(イサベル・デ・グラーナ歌)(Humberto Canaro-Armando Tagini)
15 ホアキーナ Joaquina (Juan Bergamino)
16 黄金の心 Corazon de oro –vals- (Francisco Canaro)
17ドン・ピリンチョ・カナロに捧ぐ A Don Pirincho Canaro (Antonio D’Alessandro)
18 ガウチョの嘆き Sentimiento gaucho (Francisco Canaro)


10月19日(金)17:00~/20日(月)07:30~/21日(火)27:00(=22日 04:00)~/23日(水)20:00~
#16「来日記念 オルケスタ・コロール・タンゴ特集」

本年2月から3月にかけて日本全国で公演を行った現代の名タンゴ楽団、コロール・タンゴの映像を特集。コロール・タンゴはオスバルド・プグリエーセ楽団のバンドネオン奏者ロベルト・アルバレスらによって結成され、現在プグリエーセの演奏スタイルをもっとも忠実に継承した楽団として活動を続けている。5年ほど前のスタジオとライヴの映像から得意のレパートリーをたっぷりごらんいただく。

1 デ・フローレオ De floreo (Julio Carrasco)
2 市民連合(ウニオン・シビカ) Union civica (Domingo Santa Cruz)
3 チャカブケアンド Chacabuqueando (Roberto Alvarez)
4 プグリエーセに捧ぐタンゴ Tango a Pugliese (Roberto Alvarez)
5 君の蒼ざめた声 Tu palida voz (Charlo)
6 ロス・マレアードス Los mareados (Juan Carlos Cobian)
7 エバリスト・カリエゴに捧ぐ A Evaristo Carriego (Eduardo Rovira)
8 ボルドネオ・イ・ノベシエントス Bordoneo y 900 (Osvaldo Ruggiero)
9 ガジョ・シエゴ Gallo ciego(ダンス:セルヒオ&ガチ)(Agustin Bardi)
10 不良仲間(マラ・フンタ)Mala junta (ダンス:セルヒオ&ガチ)(Pedro Laurenz-Julio De Caro)
11 解放(エマンシパシオン) Emancipacion (Alfredo Bevilacqua)
12 夜遊び人(ノチェーロ・ソイ) Nochero soy (Oscar Herrero)
13 ラ・マリポーサ(蝶々) La mariposa (Pedro M.Maffia)
14 レクエルド(想い出) Recuerdo (Osvaldo Pugliese)


10月26日(金)17:00~/27日(月)07:30~/27日(火)27:00(=28日 04:00)~/28日(水)20:00~
#17「バンドネオンの才人~フリオ・パネ特集(トリオ&デュオ)」
1947年生まれのバンドネオンの名手で、現在活躍する若手バンドネオン奏者の大半の先生でもある、フリオ・パネの映像を特集してお届けします。1~4はニコラス・レデスマ(ピアノ)、キケ・ゲーラ(コントラバス)とのトリオを結成し最初のアルバムを制作した当初、2000年頃の映像と思われるスタジオ収録。5~7は2003年のタンゴ・フェスティバルでの同トリオのライヴ、8~10は同時期のプラサ・セラーノでの同トリオのライヴ、11以降はフリオ・パネとギターの巨人フアンホ・ドミンゲスとの超絶デュオのライヴで、11~13はラ・トラスティエンダでのライヴ、14と15は2003年のタンゴ・フェスティバルのライヴ。「ミロンガ・センティメンタル」「不良仲間」「エル・チョクロ」「アムラード」の4曲は2回づつ登場しますが、同じトリオでも結成当初のスタジオ収録とライヴとの違い、トリオとフアンホ・ドミンゲスとのデュオとの違いをわかっていただきたく、あえて重複収録しています。見事な呼吸でパネの超絶技巧についていくレデスマとゲーラにもぜひご注目を。

*フリオ・パネ・トリオ
1.エル・チョクロ El choclo
2.アムラード(棄てられて)Amurado
3.ミロンガ・センティメンタル Milonga sentimental
4.不良仲間(マラ・フンタ)Mala junta 
5.ノクトゥルナ Nocturna
6.古い家 Vieja casa
7.靴音高く Taconeando
8.想い出(レクエルド) Recuerdo
9. ミロンガ・センティメンタル Milonga sentimental
10. 不良仲間(マラ・フンタ)Mala junta 

*フリオ・パネ=フアンホ・ドミンゲス
11. ア・ラ・グアルディア・ヌエバ A la guardia nueva
12. ベレティン Berretin
13. アムラード(棄てられて)Amurado
14. わが愛のミロンガ Milonga de mis amores
15. エル・チョクロ El choclo
【 2012/09/28 (Fri) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。