Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Music Air 西村秀人監修 タンゴ・アワー 2013年2月再放送分曲目

Music Air で私が監修していた番組の再放送分の今月再放送分の曲目です。

#31 偉大なるバンドネオン奏者たちの系譜 その2
1回目:2月1日(金) 17:00-18:00、2回目:2月5日(火)27:00-28:00(=6日 03:00-4:00)、3回目:2月6日(水) 20:00-21:00

*オスバルド・モンテス<1934>&アニバル・アリアス
1.ロス・マレアドスLos mareados (J.C.Cobian)
2.恋わずらい Mal de amores (P.Laurenz)

*ラウル・ガレーロ<1936>六重奏団
 3.黒い花~ビベロー Flores negras-Bibelot (Francisco De Caro)
<※放送ではまとめて”Bibelot”と表記、前半はガレーロのバンドネオン・ソロです>
 
*オスバルド・ピーロ<1937>五重奏団
 4.踊り子(ダンサリン) Danzarin (J.Plaza)

*ロドルフォ・メデーロス<1940>・トリオ
 5.ちまたのロマンス Romance de barrio (A.Troilo)
6.わが愛のミロンガ Milonga de mis amores (P.Laurenz)
<キンテートでのライヴで、この2曲だけトリオ編成で演奏したもの>

*ネストル・マルコーニ<1942>とオルケスタ・デ・マエストロス
 7.タンゴ・モード Moda tango (Nestor Marconi)

*ワルテル・リオス<1942>五重奏団
 8. アディオス・ノニーノ Adios Nonino (Piazzolla)
<リオスのバンドネオンはピアソラが使っていたものだと言われています。素晴らしいピアノのカデンツァを弾いているのは若き日のニコラス・レデスマ。※レデスマは現在オルケスタを率いて来日ツアー中。

*リサンドロ・アドロベル<1945>五重奏団
 9.わが父へのプレリュード Preludio a mi viejo (L.Adrover)
<前半にたっぷりバンドネオン・ソロが聞けます。曲は「アディオス・ノニーノ」をベースにしているようです。>

*ダニエル・ビネリ<1946>&セサル・アンジェレリ
 10.チキリン・デ・バチン Chiquilin de Bachin (Piazzolla)
<ライヴで赤ちゃんの泣き声まで聞こえますが、ビネリの映像ストックがあまりないのでご了承を。>

*フリオ・パネ<1947>・トリオ
 11.不良仲間(マラ・フンタ) Mala junta (Julio De Caro)
<以前のフリオ・パネ特集では使用しなかったライヴ映像です。>


#32 タンゲリーア「エスキーナ・カルロス・ガルデル タンゴショウ・ハイライト」
1回目:2月8日(金) 17:00-18:00、2回目:2月12日(火)27:00-28:00(=13日 03:00-4:00)、3回目:2月13日(水) 20:00-21:00

現在もブエノスアイレス最高のタンゲリーア(タンゴのライヴハウス)として知られる、エスキーナ・カルロス・ガルデルができた当初に制作したショウの映像です。お客さんを入れずにプロモーション用のような形で作られています。エスキーナ…のショウはその後市販DVDなども複数出ていますが、これはそれ以前、10数年前のもので、演奏を務めているのはエリカ・ディ・サルボとフルビオ・ヒラウドの双頭楽団エル・デスキーテ(この後まもなくメンバーが一部交代してエリカ・ディ・サルボ楽団になります)です。トップ・バンドネオンはアレハンドロ・サラテ。
以前「タンゴ・イン・コンサート」で2回にわたって放送された分のハイライトです。カルロス&アリシアを始め、一流ダンサーのダンスを中心に、カルロス・ガルデルのそっくりさんラファエル・ロハス、ソロ歌手としても一流のパトリシア・ラサラの歌もあります。

1 エル・チョクロ El choclo (A.Villoldo) 演奏
2 黄金の心 Corazon de oro (Francisco Canaro) 全員ダンス
3 わが懐かしのブエノスアイレス Mi Buenos Aires querido (Gardel-Le Pera) ラファエル・ロハス歌
4 古いミロンガ Vieja milonga vieja (Francisco Aranaz) ダンス
5 不良仲間 Mala junta (Julio De Caro) ダンス
6 フェリシア Felicia (Enrique Saborido) ダンス
7 ウノ Uno (Mariano Mores-E.S.Discepolo) パトリシア・ラサラ歌
8 ガジョ・シエゴ Gallo ciego (Agustin Bardi) ダンス
9 ベンタロン(突風)~やつを止めろVentarron (P.Maffia)-Que lo paren (E.Rovira) 全員ダンス
10 輝ける1940年代 Milonguenado en el 40 (A.Pontier) ダンス
11 七月九日 Nueve de julio (J.L.Padula) ダンス
12 ネグラーチャ Negracha (O.Pugliese) ダンス
13 リベルタンゴ Libertango (Piazzolla) ダンス
14 ラ・クンパルシータ La cumparsita (Matos Rodriguez) ダンス
15 アディオス・ノニーノ Adios Nonino (Piazzolla) 演奏
16 ラ・エバシオン(脱出) La evasion (Piazzolla) 全員ダンス

ダンス:カルロスとアリシア、カローラ・オヘーダとエドゥアルド・ビジェーガス、
    カロリーナ・ガルシアとファビアン・ペラルタ、サンドラ・ブーツとガブリエル・オルテガ
    ベロニカ&マルセロ・ベルナルダス


#33 タンゴ最後の巨匠たち~オラシオ・サルガンとマリアーノ・モーレス
1回目:2月15日(金) 17:00-18:00、2回目:2月19日(火)27:00-28:00(=20日 03:00-4:00)、3回目:2月20日(水) 20:00-21:00

今の健在な2人の巨匠の映像です。前半は、現在は引退し、今年95歳になるオラシオ・サルガンは長年の相棒、ウバルド・デ・リオとのデュオによる2002年のフェスティバルでのライヴ。後半は今年93歳のマリアーノ・モーレスのセプテートによる2005年のライヴ。こちらはダンスや歌も登場。(※その後2012年4月にウバルド・デ・リオは亡くなりました

*オラシオ・サルガン=ウバルド・デリオ(2002年1月 スール文化センターでのライヴ)
1.マレーナ Malena (Lucio Demare)
2.マノ・ブラバ Mano brava (Manuel Buzon)
3.エントレリオスの人 El entrerriano (Rosendo Mendizabal)
4.ロカ・デ・アモール Loca de amor (Antonio Podesta)
5.ミロンガよ、おまえは行く Te vas, milonga (Abel Fleury)
6.ラ・クンパルシータ La cumparsita (G.H.Matos Rodriguez)
7.ア・フエゴ・レント A fuego elnto (Horacio Salgan)
8.ラ・クラバーダ La clavada (Ernesto Zambonini)

*マリアーノ・モーレス楽団(2005年 ロサデルのライヴ)
9.タンゴの好きなお嬢さん(タンゲーラ) Tanguera (Mores)
10.ラ・タブラーダ La tablada (Francisco Canaro)
11.ウノ Uno (Mores-Discepolo) 歌:ダニエル・コルテス
12.想い出のワルツ Vals de la evocacion (Mores)
13.パリのカナロ~バンドネオンの嘆き Canaro en Paris-Quejas de bandoneon (Scarpino-Caldarella / Juan De Dios Filiberto)
14. ラ・クンパルシータ La cumparsita (G.H.Matos Rodriguez)
15. 軍靴の響き Taquito militar (Mores)


#34 タンゴ・エレクトロニカ特集~サンテルモ・ラウンジ、タンゲットー、バホフォンド
1回目:2月22日(金) 17:00-18:00、2回目:2月26日(火)27:00-28:00(=27日 03:00-4:00)、3回目:2月27日(水) 20:00-21:00

タンゴと現代のダンスミュージックでエレクトロニカのスタイルを融合した「タンゴ・エレクトロニカ」はすでにかなりの定着を見ており、タンゴ・ダンス・ショウや若者向けのミロンガでかかることも珍しくなくなった。今回はアルゼンチンのタンゴ・エレクトロニカの分野で最も安定した活動をしている人気グループ3組の2005年のライヴを特集。

*サンテルモ・ラウンジ
1.条件なしで Sin condiciones (M.Delgado)
2.ブエノスアイレス午前零時 Buenos Aires hora zero (Piazzolla)
3.グラン・オテル・ビクトリア Gran Hotel Victoria (F.Latasa)

*タンゲットー
4.希望 El deseo (Masri-Velazquez)
5.同じもの以上に Mas de lo mismo
6.繊細な精神 Mente fragil (Masri-Velazquez)

*バホフォンド・タンゴ・クルブ
7.モンセラー地区 Montserrat (Campodonico)
8.脱出 Exodo (Caballero)
9.ファンダンゴ Fandango (Supervielle)
10.その青い空 Ese cielo azul (Supervielle)

Music Airの視聴方法についてはMusic Airホームページをご覧ください。
【 2013/02/01 (Fri) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。