Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タンゴに関するコロキアム Coloquio cobre el tango en Montevideo

9月27日午後から30日昼までウルグアイの首都モンテビデオで、ラウル・アジェスタラン音楽資料センターが主催する国際コロキアム(識者による講演会)「昨日と今日のタンゴ」が行われます。

私はアジアからの唯一の参加者として「日本におけるタンゴ:ジャパナイズと正統性の間で」というタイトルのもと、日本のタンゴ史におけるアルゼンチン・スタイルへの固執を重点に90分、映像や音源も交えながら話をします。私の出番は29日(日)の一番最後の予定です。

他にもアルゼンチンやウルグアイ、フィンランドなどからも参加者があります。今回はスペイン語とポルトガル語のみの講演です。事前予約が必要のようですが、一般の観覧もできますので、ご興味おありの方は以下のスペイン語のお知らせをご覧ください。

Desde el 27 hasta el 30 de septiembre en Montevideo coloquio internacional “El tango ayer y hoy" organizado por El Centro de Documentación Musical.

Han confirmado su asistencia al Coloquio los siguientes conferencistas: Egberto Bermúdez (Colombia), Omar Corrado (Argentina), Laura Falcoff (Argentina), Omar García Brunelli (Argentina), Héctor Goyena (Argentina), Camila Juárez (Argentina), Paloma Martin (Chile), Hideto Nishimura (Japón), Alfonso Padilla (Chile/Finlandia), Julián Peralta (Argentina), Boris Puga (Uruguay), Pablo Rocca (Uruguay), Carlos Sandroni (Brasil), Julio Schvartzman (Argentina) y Daniel Vidart (Uruguay). Habrá enfoques musicológicos, pero también coreológicos, literarios, antropológicos e históricos, que significarán aportes serios y sólidos al conocimiento del tango en su proceso histórico de más de un siglo.
Los idiomas de las conferencias serán el castellano y el portugués.

La participación de oyentes será gratuita, previa inscripción en la dirección coloquio@cdm.gub.uy. Se entregarán certificados de asistencia.

Voy a hablar al final del domingo 29, con el título de “Tango en Japón: entre lo japonizado y lo auténtico”.

HIDETO NISHIMURA


【 2013/09/22 (Sun) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。