Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フアン・ホセ・モサリーニ来日公演(名古屋 9/30)のお知らせ

久々のタンゴ界ビッグネームのコンサート(名古屋公演)のお知らせです。

1943年生まれ、今年の11月で70歳になるベテラン・バンドネオン奏者フアン・ホセ・モサリーニ Juan Jose Mosaliniが久々の来日公演を行います。フアン・ホセ・モサリーニは1969年にオスバルド・プグリエーセ楽団のメンバーとなり、その後同じくプグリエーセ楽団のバンドネオン奏者だったロドルフォ・メデーロス、ダニエル・ビネリと共に、ロックやジャズに接近した新しいスタイルを模索し、アストル・ピアソラの次世代「ゼロ世代」(ヘネラシオン・セロ)と称されました。1977年にフランス・パリに活動拠点を移し、現在までヨーロッパを主な活動場所としています。1982年パリで録音されたモサリーニ=ベイテルマン=カラティーニ・トリオのアルバム「ラ・ボルドーナ」は、現代アルゼンチン・タンゴのグローバル化を予感させる名盤となりました。
1990年代末からはアントニオ・アグリと共宰のキンテートでたびたび来日しています。折から高まっていたピアソラ・ブームで多くのグループが来日する中、その中でもっともその密度の高い演奏をしていたのがモサリーニ=アグリ五重奏団でした。その後オルケスタ・ティピカでも来日公演を行っており、今回の来日はほぼ10年ぶりではないかと思います。
今回は日本のタンゴ界屈指のメンバーと共にキンテート編成で演奏します。アストル・ピアソラの先鋭的な音楽性と、オスバルド・プグリエーセの伝統性と反骨精神を併せ持つ幅広いモサリーニの音楽が聞けるまたとない機会です。
名古屋公演の詳細は以下の通りです。

会場:THE BOTTOM LINE
〒464-0850 名古屋市千種区今池4-7-11 TEL:052-741-1620
日時:2014年9月30日(火) 18:30開場 19:30開演
料金:前売¥4500 当日¥5000(税込、整理番号なし)
★入場時にドリンク代¥500が別途必要となります。


前売りチケットは「チケットぴあ」「ローソンチケット」「イープラス」で取り扱っております。また会場のボトムライン(TEL:052-741-1620)でもお求めになれます。

詳細は http://bottomline.co.jp をご覧ください。

今回関西地域での公演はないようなので、ぜひ名古屋まで足を伸ばしていただければ!と思います。ご予約はお早めに。

Mosalini01.jpgMosalini02.jpg
【 2014/06/06 (Fri) 】 ニュース | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。