Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウルグアイでのタンゴ講演が本になりました

2013年9月にウルグアイの首都モンテビデオで行われた国際コロキアム「タンゴ 昨日と今日」の講演内容が本としてモンテビデオで出版され、ようやく一昨日私の手元に届きました。
タンゴを聴き始めて30年経ちますが、私自身がスペイン語で書いたものが本になるのは初めてです。コロキアムにはアルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、チリ、ブラジル、日本から研究者が参加、ブラジルの研究者もほぼスペイン語ネイティヴに限りなく近いので、スペイン語のノンネイティヴは私だけでしたが、でも何とか90分の日本のタンゴ史についての講演「日本のタンゴの歴史:ジャパナイズと真正性の間で」を行いました。
この本に収められたのは、それを文章化したもので、当日省略した内容も少し含まれています。

他の著者の文も興味深く、オマール・ガルシア・ブルネリ(この人、何と "Ilusion de mi vida" "Una insipracion"等の作者としても知られるアコーディオン奏者フェリシアーノ・ブルネリの孫です)の「アストル・ピアソラ作品における歌のタンゴ」、グループ「アスティジェーロ」や自己のオルケスタで活動しているフリアン・ペラルタの「今日のタンゴにおける伝統と破壊」、ブラジルのカルロス・サンドリーニ「エルネスト・ナザレ―以前のタンゴ・ブラジレイロ」、チリ人で軍政期にフィンランドに亡命し長く研究を続けているアルフォンソ・パディージャの「フィンランド・タンゴにおけるスタイルの変化」、伝説的なウルグアイのタンゴ・コレクターであるボリス・プーガの「1940年代半ばまでにおけるウルグアイのタンゴ演奏家のレコード」などバラエティに富んだ内容になっています。

もちろんスペイン語以外でも出版されればいいなとは思いますが...むずかしいでしょうね。

tapa el tango ayer y hoy - def mediaEl tango ayer y Hoy CDM 2014 A1 201El tango ayer y Hoy CDM 2014 A2 200
DSC03856 copiaDSC03697.jpg



【 2015/02/11 (Wed) 】 執筆 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。