Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

APL(アグスティン・ペレイラ・ルセーナ) 来日ツアーこぼれ話4

APL(アグスティン・ペレイラ・ルセーナ) 来日ツアーこぼれ話4

(4)バーデン・パウエル伝説

 アグスティンはパリなどでバーデンに何度か会っていますが、そんなに密な交流があったわけではありません。でもブラジルでかなり詳細なバーデン・パウエルの自伝が出ているのだそうで、その本の著者がアグスティンにもバーデンをどう思うか取材をしてきたそうです。その作者からアグスティンが聞いた話。

 映像や写真にも残っていますが、バーデンでは薬指と小指に火のついたタバコをはさんで演奏することがあります。でも1曲演奏する間中、そのタバコからは決して灰が落ちないのだそうです。

 もう一つ。バーデン・パウエルがある時果物ナイフでうっかり左の親指をざっくり切ってしまいました。傷が骨に達するかというほどの大怪我だったのに、バーデンは病院にも行きませんでした。2日後、コンサートのため現れた彼の左手の傷はすっかりなくなっていたそうです... もうほとんど都市伝説の域ですが、バーデンが主役だと何となく説得力があります。

 アグスティンはバーデンを真似て、昔薬指と小指の間にタバコを挟んでよく吸っていたそうです(日本ツアー中も時たま自然に薬指と小指の間に挟んで吸っていることがありました)。リオデジャネイロを旅した時、そうしてタバコを吸っていたら、「まあそのたばこの吸い方カッコいい」といって美人が2人話しかけてきたそうです。なぜかその美人2人はその後車でやってきた男性に声をかけられるとあっという間にアグスティンのもとを去って行ったそうですが、アグスティンはその後ブラジルにいる間ずっとタバコを薬指と小指の間に挟んで吸っていました。でもその後女の子が話しかけてくることはなかったそうです。


s-DSC_1228.jpg
2010年3月19日 Bar Cacoiでのイベントにて演奏するアグスティン
【 2010/04/14 (Wed) 】 Agustin Pereyra Lucena | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。