Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西村秀人監修ソロ・タンゴ・アワー #2 放送予定曲目

「スカパー、ケーブルテレビで放送されているCS放送の音楽専門チャンネル」
大人の音楽専門TV ミュージック・エア ソロ・タンゴ 放送予定曲目 (文責:西村秀人)

おことわり:作曲者、作詞者はテロップとは異なる場合があります(原則としてこちらではより正確、できるだけ姓名の両方を入れています)。器楽演奏については作曲者のみを表記していますが、テロップには作詞者も入っている場合があります。また稀にテロップ曲目の誤表記もあるので、その場合は明記しています(テロップはアルゼンチン・サイドで入れているので修正できません)。

☆2010年6月28日 20:00 西村秀人監修ソロ・タンゴ・アワー #2
<再放送:未定>

「タンゴ新世代アーティストの初期映像集~ポセッティ=ボロティン、フェルナンデス・ブランカ他」
<旧タンゴ・フェスティバル #21の再放送>
※6月分は編集する時間的余裕がなかったので、以前放送分から内容のよいものをピックアップ。


*ドゥオ・ポセッティ=ボロティン

<1997~2001年頃活動していたピアノのソニア・ポセッティとバイオリンのダミアン・ボロティンによる夫婦デュオ。メロディックな曲はもちろんだが、骨太な古典曲1も演奏している。ファースト・アルバムを発表した1998年頃の映像と思われる。その後は2人を含むソニア・ポセッティ・キンテートとして活動を続けている。>
1. Comme il faut(お上品に)(Eduardo Arolas)
2. Palomita blanca(白い小鳩)-vals- (Anselmo A.Aieta)
3. Ojos negros(黒い瞳)(Vicente Greco)
4. Nocturna(ノクトゥルナ)-milonga- (Julián Plaza)

*マルカート・エン・ドス

<クラウディア・ウモジェールとラウラ・フェリオによる女性ギター・デュオ。1990年代末に活動、歌手の伴奏などでも活躍していたが、現在はそれぞれ教師やアレンジャーとして活動している模様。ここではテクニカルなミロンガを1曲演奏。>
5. De vuelta y media(一回転半)-milonga- (Máximo Barbieri)

*タンゲリッシマス
<メンバー全員が女性のタンゴ・バンドで、1991年から活動していた「ラス・タンゲーラス」が1990年代末にメンバーを変え、一時新しい名前で活動していたもの。メンバーのうち、ピアノのリリアナ・ベントリーセとバイオリンのエリカ・ディ・サルボがラス・タンゲーラスからのメンバー。ディ・サルボは現在ブエノスアイレスのタンゲリーアでオルケスタ・ティピカを率いて活動、名古屋万博にはキンテートで来日、2007年にはセプテートで全国公演も行っている。>
6. El amanecer(夜明け)(Roberto Firpo)
8. Gallo ciego(ガジョ・シエゴ)(Agustín Bardi) <7曲目は以下>

*アイレス・デ・アンターニョ

<残念ながら詳細不明。バイオリン、フルート、ギターによる古典的演奏。>
7. La cumparsita(ラ・クンパルシータ)(Gerardo Hernán Matos Rodríguez)

*フェルナンデス・ブランカ楽団

<現在も「フェルナンデス・フィエロ楽団」の名で活動を続けている若手を代表するタンゴ楽団。タンゴ演奏の経験が少ない若手が、偉大なマエストロ・オスバルド・プグリエーセの音楽スタイルを継承、楽団を共同体として運営するスタイルも継承したというユニークな楽団。同じ仲間からその後いくつかの楽団が誕生したという、現在タンゴ界の重要な一派となったグループがまだまだ発展途上にあった最初期の映像。>
8.Tierra querida(愛する故郷)(Julio De Caro)
11. Ventarrón(突風)<ベンタロン> (Pedro M.Maffia) <9.10曲目は以下>

*セステート・アラバル
<1998年に結成された当時の映像。その後すぐオルケスタ・コントラティエンポと名を変え2枚のCDを出した。たどたどしいが1940年代のタンゴを忠実に再現しようとする姿勢が伝わってくる。リーダーと編曲はピアノのシルビーナ・パウレーラ。9を歌うのはダニエル・リベーラ。>
9. Farol(街灯)(Homero y Virgilio Expósito)
10. La viruta(かんな屑)<ラ・ビルータ>(Vicente Greco)

*カタラ=ネグリ=スルバーノ
<ハーモニカのハビエル・カタラ、ベースのフアン・ネグリ、ギターのグスタボ・スルバーノのトリオ。1997年にアルバムを出しており、これはその当時の映像と思われる。>
12. El ultimo café(最後のコーヒー)(Héctor Stamponi)
13. Mala junta(不良仲間)(Julio De Caro)
14. Nostalgias(ノスタルヒアス)(Juan Carlos Cobián)


予告:

7月の放送も第1/3週がタンゴ、第2/4週がタンゴです。
タンゴの放送はこれまでの放送分からの特別編集で、6月末から東京他で公開される映画「アルゼンチン・タンゴ~伝説のマエストロたち」の出演アーティストの特集を2回にわたってお送りします。
【 2010/06/21 (Mon) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。