Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西村秀人監修ソロ・タンゴ・アワー#8 放送予定曲目

大人の音楽専門TV MUSIC AIR ソロ・タンゴ 放送予定曲目 2010年9月分(文責:西村秀人)
9月27日(月) 20:00~
西村秀人監修ソロ・タンゴ・アワー#7
<再放送=10月1日17:00、10月3日09:00>
「新世代男性タンゴ歌手による古典タンゴ歌曲集」
1990年代以降、タンゴの潮流の中に、カルロス・ガルデル時代のタンゴ歌曲、ギター伴奏歌曲の再評価の動きが高まった。今回はまさにその流れに属するグループ・歌手から4組を選び、タンゴ黄金期の歌曲をとりあげている映像を特集。

*ラス・ボルドーナス
ギター・アンサンブルで、ハビエル・アモレッティ(ギター)、マルティン・クレイシェル(ギター)、イグナシオ・ナチョ・セドゥルン(ギターと歌)の3人がオリジナル・メンバー。数年前にファースト・アルバムを出し、まもなくセカンドを発表予定。今年はヨーロッパ・ツアーも敢行。
1. エル・アディオス(別れ) El adios (Maruja Pacheco Huergo)
2. テ・キエロ(君を愛す) Te quiero (Francisco Canaro-Ivo Pelay)
3. クリオージョの決闘 Duelo criollo (Jose Razzano-Lito Bayardo)
4. 白い小鳩 Palomita blanca (Anselmo Aieta-Francisco Garcia Jimenez) –vals-
5. チョーラ(泥棒女) Chorra (Enrique Santos Discepolo)

*クリストバル・レペット
ロックから転向した異色歌手で、メリンゴによって見出され、グスタボ・サンタオラージャのプロデュースにより「バホフォンド・タンゴ・クルブ」に参加、同じくサンタオラージャのプロデュースでファースト・アルバムを出している。以前のソロ・タンゴの放送では「ガルデリート」(小ガルデル)の芸名で出演した映像も放送されていた。
6. アクアフォルテ Acquaforte (Carlos Malambio Catan)
7. パリにつながれて Anclao en Paris (Guillermo Barbieri-Enrique Cadicamo)
8. オルガニート Organito (Juan Carlos Graviz)
9. 歌いながら Cantando (Mercedes Simone)
10. 居酒屋の親父 Tabernero (Fausto Frontera-Miguel Cafre-Raul Costa Oliveri)

*ハビエル・カルデナル・ドミンゲス
1969年生まれで、1990年代初頭に登場、1996年にウーゴ・デル・カリル・コンクールで優勝した。2001年と2003年にロス・コソス・デ・アル・ラオのゲストとして日本公演を行っている。バンドへの客演や、ステージ・ショウへの参加も多いが、自己のグループはたいがいギター2~3名の伴奏である。
11. カンチェーロ Canchero (Arturo De Bassi-Celedonio Esteban Flores)
12. ベンタロン(突風) Ventarron (Pedro M.Maffia-Staforani)
13. カフェで En un feca (Anonimo-作者不詳)
14. トルタソス(平手打ち) Tortazos (Jose Razzano) –milonga-

*アルフレド・サエス
1958年サエスは他の3人より少し世代が前だが、民謡歌手の味わいを持った時代の雰囲気を伝える。1970年代末にフォルクローレのグループからスタートし、1980年からタンゴに専念。歌手オルランド・メディーナやタンゴ・コレクターたちの協力を得て独自のレパートリーを持つ。1996年には1年間だけ「フォーエバー・タンゴ」に参加、2000年初アルバムを出す。
15. 人生は逃げていく Como se pianta la vida (Carlos Vivan)
16. ベティノティ Bettinoti (Sebastian Piana-Homero Manzi) –milonga-
17. 私はほんの20歳だった Yo tan solo 20 an~os tenia (Enrique Cadicamo-Julio Sanders)
18. 私は彼女を見つめたまま Me quede mirandola (Vicente Spina-Roberto Daniel Miro)

10月からの「タンゴ・アワー」は2003~2006年に放送された「タンゴ・イン・コンサート」からの映像も加え、特別編集でお楽しみいただきます。これまでの放送を見逃していた方にもお勧めです。現在タンゴの映像が見られる定期番組はこれしかありません。ぜひご視聴ください。

ご視聴についてはミュージック・エアのホームページをご参照ください。 http://www.musicair.co.jp/
【 2010/09/23 (Thu) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。