Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Music Air フォルクローレ#11 放送曲目

多忙につきまただいぶ遅れてしまいました。すでに放送が終わった分ですが、資料として以下に載せておきます。

2011年1月3日(月)20:00~
ソロ・タンゴ:フォルクローレ#11  Folklorisimo
地域的にも、時代的にもバラエティに富んだプログラム。

*アルベルト・カステラール
アルゼンチン・フォルクローレ界の重鎮ピアニスト。1918年ブエノスアイレス州生まれで、収録当時80歳前後だったはず。1938年プロデビュー、サムエル・アグアージョ楽団やマルタ・デ・ロス・リオスの伴奏者として広く活躍。1949年ソロ演奏家として活動開始し、1951年に初レコードを発表。テレビ放送の初期にも自己のグループと共によく出演しており、一般ファンのなじみは深い。

1 ラ・コンパニェーラ(道連れ) La companera –zamba (Oscar valles)
2 君の影になりたい Quiero ser tu sombra –vals (Alcayaga-Quatromano)
3 月とわだち Luna y huella (Alberto Castelar)
4 君は私にサンバを1曲頼んだ Tu me pediste una zamba –zamba (Alberto Castelar)
5 イルペの花 Flor de Irupe (Alberto Castelar)
6 大きな瓦屋根の家 Caseron de tejas –vals (Sebastian Piana)

*ロス・クアトロ・デ・サルタ
ロス・デ・サルタのメンバーだったマリアーノ・バカ、ワルテル・イバラの2名に、元ロス・デ・サルタでドゥオ・サルテーニョのメンバーでもあるパトリシオ・ヒメネス、ロス・ノチェーロスのメンバーだったエンリケ・アギレーラの4人による新グループ。サルタの人気グループのエッセンスが凝縮された豪華版。

7 私をもう一度見つめて Mirame otra vez (Ayala)
8 私の夢の中で En mis suenos (Popular)
9 愛の法則 Teorema de amor (Montes)
10 額にふれながら Tocando al frente (Teseira)
11 レメディオのトナーダ Tonada de remedio (Popular)

*ロス・ロマンティコス・デ・クージョ
詳細不明ながら、明らかにクージョ地方の名門グループ、ロス・トロバドーレス・デ・クージョの流れを引くグループ。チリに近いクージョ地方の民謡は独特の甘さと明るさがあるが、ここでも先駆者アルベルト・ロドリゲス2曲を含む典型的なレパートリーが披露される。

12 出会い El encuentro (Alberto Rodriguez)
13 愛と田園 Amor y los campos (Alberto Rodriguez)
14 時が来て Llegado el tiempo (Paloma)


【 2011/01/22 (Sat) 】 Music Air | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。