Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レオ・ミナックス LEO MINAX インタビュー 3

ウェブ上にUPするのが遅くなりましたが、レオ・ミナックス・インタビュー・パート3
(最終回)をお届けします。

-------------
レオ・ミナックス・インタビュー : パート3
(2009年7月8日、名古屋)

DSC_9164-s.jpg
foto por Masayo Tanimoto

(パート2からの続き)

* 今回のレパートリーは主として最新作からになるのですか?

-その通り。最近の数枚からの曲が中心になる。日本にはラテンアメリカの音楽を
好んでいる人が多いことは知っているので、スペイン語の歌も少し含もうかと思っている。
コンサートには来るかい?

*ええ、もちろん。

-それはよかった。まだCDには録音していない曲なんだけどね。でも大半は最新作と
その前に録音した曲が中心だ。

* 最新作のコンセプトについて短く言うと?

-「.」(プンク!)かな。ハハハ...以前のアルバムでは出来るだけ完璧をつくそうとした
んだ。もともと私はとりつかれたように仕事するタイプなんだけどね。
でもこのアルバムは私の「叫び」なんだ。だから”Da boca pra fora”なんだけどね。今までは
あとで「こうしたらよかったかな」とか考えないように、以前のアルバムより出来るだけ完璧な
もの、出来るだけ美しいものにしようとしてきた。
以前と同じように録音することも出来たはずなんだけど...でも面白いのは各曲の歌詞は
それぞれつくったものなのに、アルバム全体の特徴があることだ。
アルバムのデザイン、コラージュもいいよね。このコラージュの作家、ション・マッカーウィは
ハサミで切ってコラージュするんだ。webをみてもらうとわかるんだけど、ちょっとした「嫌悪感」
というか、冷たさもあるんだけど、暖かいんだ。
ということで最新作は私の作品の中では一番研ぎ澄まされていないというか、より直接的な
表現というか、「叫び」なんだよ。録ったテイクの数も少なかったし。
あとから直したり、付け加えたりすることもほとんどなかったし。自分ではそんな風に考えている。

* 次のアルバムのことはもう考えていますか?

-うん、ある程度はね。さっき言ったスペイン語アルバムのことがあるし。子供のためのアル
バムのことも考えている。ポルトガル語とスペイン語と日本語でね。バネッサ・ボルヘギアン
とアルバムを作って事は話したと思うけど、彼女とは(録音しなかった)曲がもっとあるんだ。
山本のりこともその話しはしたよ。のりこも子供のために曲を作ることがあるって言ってたし。
 「幸せ星」っていう曲知っている?(...と言って曲を口ずさむ) これは子供のための曲
なんだ。いつどうやって具体化するかは全くわからないけど。
 ↑
(訳注 山本のり子ブログに、「幸せ星」についてのレオとのやりとりが紹介されています。
http://noriko-yamamoto.cocolog-nifty.com/memo/2009/07/post-b1d5.html )

でも考えるよ、常に何か新しいものを作っていかなくてはいけないのだから。でも私はやり始
めると終わるまで時間がかかるんだよね。

LEO_03jpg.jpg
foto por Masayo Tanimoto

* 日本のツアーに何を期待しますか?

-まず、私が自分で演奏を楽しみたい。それでお客さんが私が演奏しているのを見て楽しんで
くれれば、それが最高だ。私が楽しめたら、聞いている人も楽しめるはず。日本には人を
リスペクトする伝統があるし、好奇心も旺盛でしょ? 
ブラジル音楽を聞きたいという人が各地にたくさんいると聞いているし。みんなに言われたよ、
「レオ、日本だったらうまくいくさ。みんなちゃんと聞いてくれるし」って。

* ブラジルに帰るという計画は?

-時々そのことを考える。でも妻のことを考えるとね...ハハハ(笑) どうやったら説得
できるかな...今まで帰りたいと思ったことはすごくあるんだ。
妻はスペイン人で、すごくマドリードの生活を愛しているんだ。マドリードは暮らしやすいし、
快適なところだからね。インフラ整備もよいし。ブラジルは美しいところだけど、いつも
バケーションで行く場所なんだ。
こんなに快適なのに何でブラジルに行かなきゃ行けないの? ブラジルにはバケーション
で行けばいいじゃない、っていう話になりそうだなあ...私にとってもマドリードは快適だ。
でも今ブラジルではすごくいろんなことが起こっている。私がブラジルを出た時は文化省が
なくなってしまった最悪の時代だったしね。

* 来年でブラジルにいた期間よりマドリードで暮らした期間の方が長くなりますね?

-ああ、そうだね。でも僕のスペイン語はますます悪くなっていくけどね(笑)。ブラジルの
アクセントつきで。

*他に何かメッセージは?

-ヒロアキが日本で初めて演奏するために招いてくれたことに感謝したい。名古屋のおいしい
ものも食べたいね。日本に来るということは私の夢でもあったんだ。マドリードでは日本の文化
に対して大きな関心がある。影響も大きい。アーティストだけじゃなくて、一般の人でもそうだよ。

今回「日本に演奏しに行くんだ」って言ったら、「飛行機にしがみついていくから連れて行ってく
れ!」って皆が言ったよ。

DSC_9125-s.jpg
foto por Masayo Tanimoto

* 今回初来日ですが、アジア地域も初めてですか?

-初めてだ。今までアジアに来たことはなかった。

* 昨年スペインからグラストン・ガリッツアが来て公演したんですが、知り合いですか?

-ああ、もちろん。ベロオリゾンチ出身者の中で最良の友だちの一人だ。私の多くの曲の共作者
であり、若い頃一緒にバンドを組んだこともあったマルセロ・サルキスの友だちでね。どのくらい前
だったか忘れたけど、ある日マルセロが連絡してきたんだ。「レオ、目が不自由な素晴らしい
ミュージシャンが来るので、手伝ってもらえないか?」 それで私は彼を空港に迎えに行って、
グラストンとしばらく一緒に生活していたんだ。私が演奏していたところに最初出演して、今でも出演
しているよ。グラストンは素晴らしい音楽家だよ。

         ~ ~ ~

セントレアに到着してまだ数時間という状況でも実にたくさんのことをレオは話してくれた。
その後名古屋でもコンサートの後に話した時には、文学の話になり、特にアルゼンチンのフリオ・
コルタサルの作品に共感できると言っていた。
またオリベリオ・ヒロンドの詩も大好きだという。ヒロンドは一般にはそれほど知られていないが、
その前衛性はアルゼンチンでも特に近年若手のアーティストに再評価されている詩人だ。
スペインにいるレオならではの知見と思われ興味深かった。


DSC_8938-s.jpg
(右)Leo Minax 招へいの、Sambatown・ゼジさん、(中) レオ、(左) 筆者
foto por Masayo Tanimoto

以上

(掲載内容および画像の無断掲載・転載を禁じます)
【 2009/07/19 (Sun) 】 LeoMinax | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。