Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パブロ・シーグレル in 名古屋

すでに「カフェ・デ・パンチート」メインページでもお知らせしていますが、現在来日中のピアニスト、パブロ・シーグレル名古屋公演がいよいよ一週間後に迫りました。

PAPITA presents vol.3
アストル・ピアソラ・キンテートの元ピアニスト
パブロ・シーグレル名古屋公演決定!!
2011年6月11日(土)開場18:30/開演19:00
■出演:パブロ・シーグレル(ピアノ)・北村聡(バンドネオン)
■場所:名古屋 5/R Hall & Gallery (ファイブ・アール・ホール)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1-3-4 Tel:052-734-3461 http://www.five-r.jp/
■料金:前売り4,000円/当日4,500円(全席自由)
パブロ・シーグレル名古屋公演
チケットのお申し込みは本ブログのフォームからどうぞ。間に合う間は送料無料でお送りします。会場取り置きも承ります。

それからコンサートの前日、6月10日には名古屋大学大学院国際開発研究科でパブロ・シーグレルの講演会が行われます。これは4回シリーズの公開講座の中の1回となります。

2011 年度 名古屋大学大学院国際開発研究科公開講座
「世界の中のラテンアメリカ音楽-国際化する音楽の諸相」

およそ100 年にわたり、国境を越え、世界中で親しまれてきたラテンアメリカ音楽の諸相をジャンル、
地域、時代など多様な切り口で考察していく。早くから世界的に流行してきたタンゴやキューバ音楽な
どが、欧米や日本でどのように受容され、変化していったか、またロック登場以後に生じた新たな国
際化の形などについて4 回に分け考察していく。第2 回には特別にアストル・ピアソラ・キンテートのメ
ンバーだったアルゼンチン人ピアニストのパブロ・シーグレルを講師に迎え、ピアソラの音楽が持つ国
際性について語ってもらう。(西村 秀人)

各日18:30~20:00
第1 回 6 月9 日<木> 「欧米におけるラテンアメリカ音楽の流入」 講師:西村秀人
第2 回 6 月10 日<金>「アメリカにおけるタンゴとアストル・ピアソラの音楽」 講師:パブロ・シーグレル(ピアニスト)
第3 回 6 月16 日<木>「日本におけるラテンアメリカ音楽史」 講師:西村秀人
第4 回 6 月17 日<金>「ロック時代以降の多様な変化」 講師:西村秀人

今回の講座は有料で、全4回で6200円になります。申込・詳細は以下のページから:

名古屋大学国際開発研究科公開講座

申し込みは郵便為替を簡易書留で送付と書かれていますが、現金書留でもOK、お近くの方でしたら名古屋大学文系総合館2Fの村瀬さんまで直接お持ちいただいても結構です。全4回ですが、1回だけのお申し込みはできませんのでご了承ください。4回のうち、ご都合がつく回だけ来るのは問題ありません(お休みになられた回の資料は後日差し上げます)。大学の規定で金額等が決まっており、このような条件になっております。ご了承ください。

それから、私が監修を担当しております「タンゴ・アワー」を放送しているミュージックネットワークで6月11日の。名古屋公演チケットを1名様にプレゼントいたします6月6日が締め切りでMusic Airのメールマガジン登録者限定です(すぐ無料で登録できます)。

Music Airプレゼントページ

ぜひご応募ください。あとで載せますが、「タンゴ・アワー」の6月10日放送で10年ほど前のパブロ・シーグレルの映像が放送されます。


【 2011/06/02 (Thu) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。