FC2ブログ

Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カルロス・アギーレ La música del agua 2018日本ツアーのレパートリーから(1)

カルロス・アギーレ La música del agua 2018日本ツアーのレパートリーから
(1)アニバル・サンパージョの作品「鳥たちの川」「ラ・カニェーラ」

De los repertorios del Tour japonés 2018 de Carlos Aguirre “La música del agua”
(1)“Río de los pájaros” y “La cañera” de Aníbal Sampayo

作者のアニバル・サンパージョ(1927-2007)はウルグアイ・パイサンドゥー出身。ギターと歌の他、珍しくパラグアイ・スタイルのアルパの名手でもあり、アルパの演奏によるパラグアイ曲集も多数残している。
1939年、12歳の時に兄弟3人でトリオを組みデビュー。1941年にレオナルド・メラーノとデュオを組み、この活動は約30年継続したという。1940年代半ばからフォルクローレの研究にも従事、ラディオ・パイサンドゥーでDJも担当する。その後パラグアイ音楽のトリオやフォルクローレの様々なグループで演奏。1956年、アルゼンチンでソロ歌手として最初のレコードを録音。1964年「鳥たちの川」がコスキン・フォルクローレ・フェスティバルで受賞、1967年にはキューバで行われた「プロテスト・ソング・フェスティバル」に参加、ウルグアイを代表する社会派シンガーソングライターとなり、多くのアルバムを発表。しかし1972年、都市ゲリラのトゥパマロスのためにアルゼンチンとチリから武器を運んだ疑いで逮捕され、軍事政権下の1980年まで9年間を監獄で過ごす。解放後すぐにスウェーデンに亡命、その後ヨーロッパでしばらく活動し、1985年ウルグアイに帰国。1999年カルロス・アギーレ主宰のシャグラダ・メドラ・レーベルからアルバム「デ・アンティグオ・ブエロ」を発表。見事な健在ぶりを示したが、2007年80歳で死去。

“Río de los pájaros”(鳥たちの川)は、アギーレが毎回コメントしていたように、国名および川の名前である「ウルグアイ」がグアラニー語で「鳥たちの住む川」を意味しているので、「ウルグアイ」そのものの意味である。上記の通り、1964年のコスキン祭で受賞した出世作であり代表作の一つ。川で生活する家族の様子が描かれている。本人の録音はソンドール・レーベルのベスト盤でCD化されている。

Anibal Sampayo Canera Rios los pajaros CD 1

「鳥たちの川」

ウルグアイはただの川ではない
それは旅をする青空
雲の絵描きよ、私は通りに香る蜜と共に

水辺の恋は行先のない恋
希望のホテイアオイを
川が運んでいく

チュア チュア チュアハハハ
モリバトよ、これ以上歌わないでおくれ
セイボの森が血の涙を流すから

洗濯をするモレニータよ
水辺のナンベイヒメウ(ビグア)よ
スカートをぐるぐる巻くにするんだ
服の洗濯にとりかかるんだ

おまえの母は干し肉を作る
おまえの父は川の上流へ
そしておまえは一人残された
水辺で服を洗濯しながら


もう1曲の“La cañera”(焼酎醸造所)はウルグアイで非常にポピュラーな砂糖黍で作られる蒸留酒カーニャが飲まれるいろいろな場面をユーモアたっぷりに描いた作品。チャマリータというウルグアイ独自の軽やかな形式(リトラルの形式「チャマメ」とは全く無関係)。本人の録音は上記「鳥たちの川」と同じソンドール・レーベルのベスト盤でCD化されており、オリジナル・アルバムは現在AMAZONなどのダウンロードで入手可能。

Anibal Sampayo Sondor La canera


「ラ・カニェーラ」
悪さをする蒸留酒
俺の貧しさをあたためておくれ
貧しい男は憎しみを吸い込み
金持ちは軽妙に飲む
がんばれ、ドン・パンチョ・ソーサ
嵐を突き刺すんだ
うまい蒸留酒で夢中になるんだ
遠くからミントをもってやってくる
ブラジルの蒸留酒
おまえなら香りでわかるはず
のどにぐっときて
丘を登り始める
入り組んだ鹿毛の蒸留酒は唐辛子のよう
おまえのせいで、なまず(スルビ)が俺の釣り糸を切ってしまった
チャマーラの音楽には
住み込みで働くあのモレーノの8本の指使い
弾くたびに彼の魂を泣かせている
それは伝統的な心だからだ
水筒の中に残り、私の魂を裏返す
家畜泥棒が警察に出くわしたのとピッタリ同じ
戻りたがる蒸留酒よ、俺は小瓶の中のおまえがわかる

上記2曲は入っていないが、Shagrada Medraに残されたアニバル・サンパージョのアルバムもぜひ聞いていただきたい。アギーレはもちろん、パラナーの名ギタリスト、ミゲル・“エル・スルド”・マルティネスも参加している。

Anibal Sampayo Shagrada Medra CD 1
【 2018/02/12 (Mon) 】 Carlos Aguirre | TB(-) | CM(-)

以前ブログでも紹介しましたが(過去記事はこちら)、2013年9月にウルグアイ・モンテビデオで行われた国際コロキアム「タンゴ 昨日と今日」で行われた参加者全員の講演を論文化した本 "El Tango Ayer y Hoy"(Centro Nacional de Documentacion Musical Lauro Ayestaran, 2014)の内容が出版元にセンターのHPから無料でダウンロード出来るようになりました。

CDMのHP Tango Ayer y Hoy所収論文一覧

各論文の最後のページ数の所をクリックすれば、該当部分のPDFが出ます。保存も可能です。私が書いたのはHideto Nishimura: Tango en Japón: entre lo japonizado y lo auténtico(日本におけるタンゴ:ジャパナイズと真正性の間で)ですが、他にも南米コロンビア国のタンゴ、フィンランドのタンゴ、エルネスト・ナザレー以前のタンゴ・ブラジレイロ、今日におけるタンゴの伝統、アストル・ピアソラ作曲の歌曲の分析、タンゴ「いつまでもここに」の歌詞分析など多様な論文が所収されていますので、興味がある方はぜひダウンロードしてみてください。すべてスペイン語ですが、写真・譜例等もいろいろ使われています。

DSC03697.jpgDSC03856 copiatapa el tango ayer y hoy - def mediaDSC03864.jpg

【 2016/05/29 (Sun) 】 未分類 | TB(-) | CM(-)

ビッレ・ヒルトゥーラさんの来日に思うこと

ビッレ・ヒルトゥーラさんの来日に思うこと

 フィンランド出身のバンドネオン奏者ビッレ・ヒルトゥーラさんが昨年に続き来日、今回は名古屋にもやってくる。昨年、名古屋を含む全国で昨年11月から公開された映画「白夜のタンゴ」にも描かれていたように、北欧フィンランドはヨーロッパの中でも独自のタンゴの伝統をもつ特別な場所だ。
 1870年前後にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスの場末でタンゴが誕生してから150年近くが過ぎ、世界中に散らばったタンゴは各地で独自の根っこをはっている。しかしその一方で1990年代からアルゼンチン・スタイルのタンゴ・ダンスの流行とアストル・ピアソラ作品の世界的な再評価の流れによって、再びタンゴの原点であるアルゼンチンのスタイルが尊重されるようになり、フィンランドでは現地化したフィンランド・タンゴと、ピアソラ・ブーム以降増加してきたアルゼンチン・スタイルの演奏家が交錯している。
 ヨーロッパにおけるアルゼンチン・スタイルの演奏グループの先駆的存在がセステート・カンジェンゲ SEXTETO CANYENGUEだ。セステート・カンジェンゲは1988年にオランダで結成され、オランダ在住だったアルゼンチン人プロデューサー、ルーチョによって企画したオスバルド・プグリエーセ楽団とアストル・ピアソラ六重奏団のジョイント・コンサートがアムステルダムで1989年に行われたことがさらに彼らの活動に拍車をかけ、現在ではヨーロッパ随一のアルゼンチン・タンゴ・バンドとなっている。
今回来日するビッレ・ヒルトゥーラさんは現在このセステート・カンジェンゲに第2バンドネオンとして参加している。何年から参加したのか正確にはわからないが、セステート・カンジェンゲの2006年のライヴを収録した「タンゴ・ヒーローズ」(CDとDVDあり)にはすでに参加している。他にもさまざまなプロジェクトにビッレさんは参加しているが、この事実一つとっても、ビッレさんが今のグローバルなタンゴ演奏の流れにいることがお分かりいただけるかと思う。
一方、日本の青木菜穂子さんは、盛岡のタンゴの生演奏が聞けるレストラン「アンサンブル」で研鑽を積んだのち(この「アンサンブル」は元坂本政一とオルケスタ・ティピカ・ポルテニヤのバンドネオン奏者森川ともゆきさんのお店で、これまでも熊田洋、松永裕平といった第一線のタンゴ音楽家を育ててきた場所でもある)、長くブエノスアイレスに滞在してタンゴ・ピアノを学び(レオポルド・フェデリコ楽団およびフリオ・パネ・トリオのピアニスト、ニコラス・レデスマに師事)、タンゴ学校オーケストラ(オルケスタ・エスクエラ・デ・タンゴ)のオーディションにも合格、おそらく最初の日本人メンバーだったのではないかと思う。思えば私が青木さんに会ったのもブエノスアイレスでのことだった(そして同時期にブエノスアイレスに滞在していた歌手のSAYACAさんも一緒だった)。
その意味では青木さんもまたピアソラ再評価によって多くの若手ミュージシャンがタンゴに関心を持つようになった流れに属していると言えるし、1960年代まで培われてきた、アルゼンチン・スタイルに独自のこだわりを見せてきた日本のタンゴ・シーンの流れにも連結している。そして今年青木さんは、アルゼンチンの名ハーモニカ奏者ウーゴ・ディアスのスタイルを受け継ぐアメリカのハーモニカ奏者ジョー・パワーズとアルバムを制作、ヨーロッパ公演にも参加してきたばかりだ。

そう考えると、フィンランド出身で現在はオランダで演奏活動を続けているビッレ・ヒルトゥーラさんと、日本出身で長くアルゼンチンで学び、海外にも活動の場を広げている青木さんとのデュオは、タンゴという音楽が世界中を巡って再びアルゼンチン・スタイルというエッセンスで結びつこうとしているグローバルな状況をよく示している、と思うのだ。
折しも今年は、元アストル・ピアソラ五重奏団のピアニストで現在はアメリカを中心に活躍するパブロ・シーグレル、アルゼンチン出身で現在ニューヨークで活動するバンドネオン奏者JPジョフレも来日しており、グローバル化したタンゴは世界各地の点を再び線で結ぼうとしているようだ。

ビッレ・ヒルトゥーラ(バンドネオン)&青木菜穂子(ピアノ)のコンサートは9月26日(土)18時開場、19時開演で新栄のオーガニックカフェ「空色曲玉」です。お近くの方はぜひお越しください。


ビッレ&青木名古屋公演チラシ

Tango Heores CDJoe Powers Naoko Aoki CD
【 2015/09/22 (Tue) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)

7/25「白夜のタンゴ」(Mittsommernachtstango) のDVDが日本発売



さて、本日(7月25日)めでたく「白夜のタンゴ」(Mittsommernachtstango) のDVDが日本発売となりました。
来日でもおなじみ、歌手のチノ・ラボルデ、ギターのディピ・クイッコ、バンドネオンのパブロ・グレコの3人のアルゼンチンのアーティストが、「タンゴのフィンランド・ルーツ説」を確かめに遥かフィンランドまで旅するというドキュメンタリー風ロード・ムービーであります。

 今回DVD発売にあたって私・西村秀人がフィンランド・タンゴの歴史、登場するアーティストのこと、映画の見どころなどをあらたに書き下ろしたブックレットが付属していますので、すでに映画館に足を運ばれた方にも、初めて見る方にもぜひブックレットをご一読の上ご覧いただけると一層楽しめるかと思います。

 トレノバ=紀伊國屋書店 KKDS-819 「白夜のタンゴ」 4800円+税

ByakuyaNoTangoDVD01ByakuyaNoTangoDVD02
【 2015/07/26 (Sun) 】 CD/DVD新譜 | TB(-) | CM(-)

神戸でタンゴ講演会(2015年3月)

20150322KOBE_tango.jpg

「音で聴くタンゴ発展史~アルゼンチンと日本のタンゴ名演集」
@神戸・移住と文化の交流センター

アルゼンチン・タンゴの音楽の歴史、ルーツと現在まで。

日時:2015年3月22日(日)
14:00~16:00(延長の可能性有り)
※入場無料
◎途中休憩があります。

講師:西村秀人(名古屋大学大学院准教授・ラテンアメリカ音楽研究)

場所:兵庫県 神戸市 海外移住と文化の交流センター
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通3丁目19−8

主宰・問合せ:神戸中南米音楽協会
(日伯協会内)
Tel/Fax:078-230-2891
info@nippaku-k.or.jp
(名前・連絡先をお知らせください)
【 2015/02/15 (Sun) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。