Cafe de Panchito blog

西村秀人によるアルゼンチン、ウルグアイほかラテンアメリカ音楽について
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神戸でマテ茶の会(2015年3月)

告知と同時にほぼ満席になりました。ご了承ください。
キャンセル待ち等はボナルーカフェさんに直接電話かメールでお問合せください。

マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会vol.11 @神戸・須磨ボナルーカフェ

◆日時:2015年3月21日(土)
15:30~17:30 (休憩あり)
◆場所:神戸・須磨 ボナルーカフェ
神戸市須磨区須磨浦通4-6-16 2F
◆料金:1,500円(マテ茶+スイーツ)
http://bonnaroocafe.com/
◆講師:*西村秀人
(名古屋大学大学院准教授
[ラテンアメリカ音楽研究]
/"PaPiTaMuSiCa")
& *谷本雅世(ラテンアメリカ音楽文化
ライター/"PaPiTaMuSiCa")
*日本マテ茶協会公認マテ茶アドバイザー
◆スイーツ提供:acusu 山口クミ
http://atelier-acusu.com/
◆18名様限定(予約申込み):
ボナルーカフェ tel:078-737-2480
info@bonnaroocafe.com
【 2015/02/12 (Thu) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)

ウルグアイでのタンゴ講演が本になりました

2013年9月にウルグアイの首都モンテビデオで行われた国際コロキアム「タンゴ 昨日と今日」の講演内容が本としてモンテビデオで出版され、ようやく一昨日私の手元に届きました。
タンゴを聴き始めて30年経ちますが、私自身がスペイン語で書いたものが本になるのは初めてです。コロキアムにはアルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、チリ、ブラジル、日本から研究者が参加、ブラジルの研究者もほぼスペイン語ネイティヴに限りなく近いので、スペイン語のノンネイティヴは私だけでしたが、でも何とか90分の日本のタンゴ史についての講演「日本のタンゴの歴史:ジャパナイズと真正性の間で」を行いました。
この本に収められたのは、それを文章化したもので、当日省略した内容も少し含まれています。

他の著者の文も興味深く、オマール・ガルシア・ブルネリ(この人、何と "Ilusion de mi vida" "Una insipracion"等の作者としても知られるアコーディオン奏者フェリシアーノ・ブルネリの孫です)の「アストル・ピアソラ作品における歌のタンゴ」、グループ「アスティジェーロ」や自己のオルケスタで活動しているフリアン・ペラルタの「今日のタンゴにおける伝統と破壊」、ブラジルのカルロス・サンドリーニ「エルネスト・ナザレ―以前のタンゴ・ブラジレイロ」、チリ人で軍政期にフィンランドに亡命し長く研究を続けているアルフォンソ・パディージャの「フィンランド・タンゴにおけるスタイルの変化」、伝説的なウルグアイのタンゴ・コレクターであるボリス・プーガの「1940年代半ばまでにおけるウルグアイのタンゴ演奏家のレコード」などバラエティに富んだ内容になっています。

もちろんスペイン語以外でも出版されればいいなとは思いますが...むずかしいでしょうね。

tapa el tango ayer y hoy - def mediaEl tango ayer y Hoy CDM 2014 A1 201El tango ayer y Hoy CDM 2014 A2 200
DSC03856 copiaDSC03697.jpg



【 2015/02/11 (Wed) 】 執筆 | TB(-) | CM(-)

謹賀新年 + 1月のお知らせ

少々遅めですが、みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年早々原稿や学校業務に追われていますが、新春早々PaPiTa MuSiCaでサポートしている名古屋でのイベントがありますので、お知らせいたします。

★トリオ・ロス・ファンダンゴス「新春タンゴ・ショウ2015」★
2015年1月8日(木)1800 OPEN, 1900 START 
名古屋・今池 TOKUZO 〒464-0850 名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
前売りチケット/TOKUZO事前予約 \2800 当日\3300
オープニングアクト:DJ EL PAPITA
※2013年10月のNHK文化センター名古屋教室の「タンゴの歴史」特別講座でゲスト演奏してくださった北九州のトリオ・ロス・ファンダンゴスの単独ライヴです! オープニングアクトで私がスペイン語DJ・EL PAPITAとして1940~50年代のタンゴをラジオ番組風にお送りします。その後はたっぷりファンダンゴスのステージをお楽しみください。当日はダンススペースも設けますので、踊りたい方にもお酒をのみながらじっくり聞きたい方にもお楽しみいただけます。予約はTOKUZO 052-733-3709もしくは、http://www.tokuzo.com/contents/tickets/ からお願いいたします。

★NHK文化センター名古屋教室「タンゴの歴史」第Ⅳ期特別講座★

「タンゴ古き良き時代の象徴~アニバル・トロイロ」
2015年1月11日(日) 14:00~16:00 NHK文化センター名古屋教室(栄) 
名古屋市東区東桜1-13-3 NHK放送センタービル21階216教室
講演:西村秀人 特別ゲスト:鈴木崇朗(バンドネオン)
一般4000円、会員3700円
※タンゴの歴史第Ⅳ期の特別講座は今期の最後(1月)となりました。昨年生誕100周年を迎えたバンドネオン奏者アニバル・トロイロの生涯をテーマに、その作品、録音、映像などもまじえつつ、後半にはバンドネオン奏者の鈴木崇朗さんに登場いただいて、バンドネオン・ソロ演奏をお聴きいただきます。半数の曲目はこれまで鈴木さんがソロでは弾いたことのない曲を用意してきてくれるということで今から楽しみです。なお、タンゴの歴史第Ⅴ期は5月から開催することが決定していますが、まだ特別回の詳細が決まっておりません。決まり次第ご報告させていただきます。通常は事前申し込みが必要ですが、今回は特別に当日受付でもOKですので、ぜひご参加をお待ちしております。ご予約はNHKのHP https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_817541.html もしくは052-952-7330までお願いいたします。当日参加はまず7階の受付でご確認ください。

★映画「白夜のタンゴ」公開記念トークイベント★
「音楽が結ぶフィンランドとアルゼンチンの意外な関係?!」

2015年1月18日(日) 15:00~ ゲスト:西村秀人・谷本雅世
(ちなみにこの日のシネマテークでの同映画の上映は13:00~14:45の1回です)
場所Music, Café & Bar 「つるのり」
名古屋市千種区今池1-8-13今池スタービル1F
料金:入場料500円+別途1ドリンクをご注文下さい
※1月17日より名古屋・今池シネマテークで公開となる映画「白夜のタンゴ」に関連して、知られざるフィンランド・タンゴの世界、映画の出演している3人のアルゼンチンのミュージシャンやその他の出演者、使用楽曲などについて、関連映像や音源もご紹介しつつ、映画を観てからでも観る前でも楽しめるトークイベントです。会場の「つるのり」は「白夜のタンゴ」が公開される「名古屋シネマテーク」と同じビルの1階にあります。特に予約は承っておりません。当日適宜ご来場ください。
この映画とフィンランドタンゴについては私のブログもご参照ください。
http://panchitomusica.blog26.fc2.com/blog-entry-195.html

【 2015/01/04 (Sun) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)

日本タンゴ渡来100年についての記事

こちらもFACEBOOKでしかUPしていなかったので、再掲しておきます。

私・西村秀人が取材協力し、先日の読売新聞に掲載された「日本タンゴ渡来100年」の記事が、ほぼそのままWEBに掲載されています。

タンゴ伝来100年…踊る男爵も登場

こちらもぜひご覧ください。今回の講演会についても触れられています。
【 2014/10/21 (Tue) 】 執筆 | TB(-) | CM(-)

大阪での講演会「タンゴ日本渡来100年」まもなくです!

Facebook等ではお知らせしてきましたが、いよいよ今週末大阪でのタンゴ日本渡来100年記念の講演会が行われます。以下が詳細です。


タンゴ日本渡来100年特別講演
2014年10月25日(土) 18:50開始(18:20開場)
第1部 特別講演(西村秀人)
第2部 アルゼンチン・タンゴ・ミニ・コンサート
前売1800円(当日1900円)
会場:大阪府 豊中市立会館ルシオーレホール
   (阪急・モノレール蛍池駅直結「ルシオーレ」4階)
チケット・申し込み:TEL 072-743-6207
MAIL g_yone2007@yahoo.co.jp

今回は70分で100年の歴史を振り返ります。戦前と戦後の違い、タンゴ演奏スタイルの変化などを中心にお話ししつつ、参考音源もお聞きいただきたいと思います。時間の都合でそれぞれお聞かせ出来るのは1分程度になりますが、歴史を飾った音源20曲以上をご紹介いたします。そのうちには放送録音や復刻盤のない音源も含んでおります。
来場者の皆様には資料として日本のタンゴ史年表を配布いたします。また名古屋や関西で「マテ茶とアルゼンチン音楽を楽しむ会」を主宰している谷本と私のプロジェクトPaPiTa MuSiCaよりアルゼンチン製試飲用マテ茶ティーバックをプレゼントさせていただきます。

ご紹介予定の音源(一部)
武蔵野管弦楽団「ラ・ベラ・アルゼンチナ」(大正期の日本人の演奏)
モンパルナス・タンゴ・アンサンブル「天国に結ぶ恋」(日本第1号のタンゴバンド)
巴里ムーランルージュ楽員「ラ・クンパルシータ」(戦前来日したフランスのタンゴバンド)
オルケスタ・ロサ「S.O.S.」(日本最初のオルケスタ・ティピカ)
マリアーノ・モーレス楽団「女の嘆き」(古賀政男「青い背広で」のアレンジ)
早川真平とオルケスタティピカ東京「赤い靴のタンゴ」(ティピカ東京の最初のレコード)
坂本政一とオルケスタ・ティピカ・ポルテニヤ「さらば草原よ」(ラジオ放送より)
フェルナンド・テル・トリオ「若者たちが踊るために」(お別れコンサートより)
坂本政一とオクテート・ポルテニヤ「ラ・シルエタ」(平吉毅州作曲のモダンタンゴ)
など

講演の後には関西を中心に活躍するバンドネオンとギターのデュオ「タンゴ・グレリオ」、歌手ロベルト・デ・ロサーノ&MAKO、クラリネットの上堂尚子、ピアノの吉岡凛によるタンゴのミニ・コンサートをお聞きいただきます。ぜひお楽しみに。
まだお席に余裕があるようですが、お早めにお申し込みください。
Facebookページ

Rodriguez Pena P 1936 768Tango en tokio JLP1004 LP829
Fernandob Tell en Chante MI6209Orquesta Tipica Portena 1966 242

【 2014/10/21 (Tue) 】 講演・イベント | TB(-) | CM(-)
プロフィール

Panchito

Author:Panchito

CafeDePanchitoLogo

コラム・デ・パンチート

Cafe de Panchito blog
▲このブログです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。